So-net無料ブログ作成

応援る!大和広陵・香芝・高田商吹奏楽部合同練習!の巻 [市内の出来事]

センバツに出場する大和広陵野球部を応援するため、
約60人に及ぶビッグな吹奏楽団が誕生した。

高田商業高校で16日、初めての練習を行い、
約3時間にわたり力のこもった演奏に取り組んだ。

P1010001.JPG

大和広陵の吹奏楽部は3人しかいないため、
香芝、高田商両校の吹奏楽部に協力を要請。

両校とも快諾し、この日初めて合同練習を実施した。

練習に先立ち、大和広陵野球部長の吉田定生教諭が
「みなさんにも思い出に残る甲子園出場になれば」と挨拶。

大和広陵生徒会のメンバーも加わり、演奏だけでなく、
選手の名前や「ヒット」などの文字を書いた紙を掲げたり、
手拍子やメガホンを使った応援の動きを確認した。
                
香芝と高田商の吹奏楽部には2月上旬に、
演奏する7曲の楽譜を届け、香芝は鈴木賢治教諭(29)、
高田商は4年前まで大和広陵に勤務していた米田碧教諭(30)
の指導で練習。この日の合同練習では、
既に完成に近いところまで仕上がった曲もあった。
            引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)


センバツ出場を果たした大和広陵だったが、
吹奏楽部、3人か・・・。
ちょっと寂しいな・・・。
いや、かなり寂しいか。これも少子化の影響なのか、
奈良県だからなのか。裏・市長をお呼び頂ければ、
14人分ぐらいのにぎやかしをさせて頂けるのですが。

なに?お前は大和高田に引きこもっとれ?、
甲子園が汚れるて?ほっといてくれ!。
nice!(15) 

nice! 15