So-net無料ブログ作成

クロネコヤマト運輸、運賃値上げ!再配達有料化も!の巻 [社会派]

宅配便最大手のヤマト運輸が、9月末をめどに
宅配便の基本運賃を引き上げる方向で
検討していることが分かった。

個人が送り主となる小口の荷物も含めた全面値上げは、
消費税増税時を除くと1990年以来27年ぶり。

インターネット通販の普及に伴う宅配便取扱量の急増で、
配達員らの人手不足が深刻化しており、
サービスの維持には値上げが必要と判断した。


今回は基本運賃の引き上げによって、個人も法人も
すべての顧客が値上げの対象になる。

また、法人については割引率の引き下げによる
値上げも検討する方向で、ネット通販大手の
アマゾンジャパンなど大口の顧客と交渉を進める方針。

ヤマトは宅配便の取扱量急増によって
配達員が不足しており、外部業者への配達委託を
増やしているほか、大口顧客に対する割引が大きくなるなど
負担が増している。
アマゾンなどとの交渉は難航も予想される。

                     引用元 毎日新聞全国版

IMG_2682s.jpg

ヤマト運輸オリエント工業支社配送員


そやーな、ヤマトも大変やなー。
と思っていた。さっきまでは。


ドライバーの負担感が増す原因となっている
再配達の有料化も検討。
同社が値上げに踏み切れば、
同業他社も追随する可能性が高いとみられる。



再配達1回100円!。


ヤマト、
これ値上げの口実やろ。


ヤマトの仕事は大変だ~と思っていたが、
荷物を運ぶのがヤマトの仕事やないけ?。

普通に考えて、仕事が増えた!というのは
うれしい悲鳴だろう?。

それが荷物が増えて、対応しきれません!。
というのは、プロとして恥ずかしい事柄ではないのか?。

増大する仕事量に対応できるようにするのがプロやろ?。

例えば人員を増やす。

人が集まりません!。

賃金あげたらエエやんけ。

大体、佐川急便の飛脚も裸で逃げ出すような状況の
アマゾンの荷物を格安で引き受けたのも原因のひとつ。

細かすぎる時間帯指定、細かすぎる対応も原因のひとつ。

不在による再配達も原因なので、これを有料化します!って、
おかしくはないか。

よくあるケースなのだが、
配達員の都合で時間帯指定してある荷物でも、
「早めに持ってきたんですけど、イイっスか?」というパターン。

玄関口まで持って来てるのに、
「いや、それは今、受け取らん!。
時間通りにもう一回持って来い!」なんて言えるか?。

また逆に遅れて来るパターン。
以前、車の故障で翌日になった事もあった。
その場合は逆に100円かやしてほしいぞ。

急ぐ荷物があれば、急がない荷物もあると思うのよ。
受付の際、急がない荷物は一週間以内に届ける、
そのかわり100円引きとか、
そのような企業努力も必要かと思われる。

この時期に運賃料金見直し、再配達有料化などと
言いだすのは、郵便局の値上げに合わせての
便乗にしか見えない、聞こえない。


nice!(65) 

nice! 65