So-net無料ブログ作成
検索選択

落としものは現金4251万円!落とし主続々現るの巻 [社会派]

群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で
4月4日に、ごみの中から現金4251万円が見つかった。

事件と関わりがあるのか、誤って捨てられたものなのか。

実は、この場所、8年前にも300万円相当(当時)の
金の延べ板が見つかったことがある。
単なる偶然なのか。それとも。


「あのお金は自分のものです」。
大金が見つかった4日以降、群馬県警沼田署には、
こんな電話や問い合わせが相次いでいるという。
しかし、持ち主はまだ特定されていない。


県警によると、大金が見つかったのは
4日の午後2時20分ごろ。
同僚と2人で、廃棄物の選別作業をしていた
男性従業員(63)が見つけた。

しかし、沼田署は、現金が何に入っていたかや
お札の種類など詳細については一切明かしていない。
「本当の持ち主」かどうかを見極めるためだ。

このお金は「拾得物」扱いのため3カ月間
持ち主が現れなかった場合は、この会社のものとなる。


この場所は2009年10月、敷地内のごみの山から
金の延べ板が見つかったのだ。

結局、延べ板の持ち主は分からず、
会社のものになったが、
「社会に役に立ててほしい」と寄付されたという。

           引用元 毎日新聞全国版(画像とも)

8.jpg


いやらしいな!。
さすが関西人!。


と、思ったら群馬県だった。

現金が見つかった!それ、ワタシのかも?!。
だって、ワタシの持ってた一万円札に似てるんですもの!。

名乗り出たら、個人情報、聞かれるやろ?。

・・・後でバレたら、イヤじゃないのか?。恥ずかしくないのか。

それでも、もしかしたら…の一攫千金に、
男のロマンを追い求めるのか?。

だが、相次ぐほど男のロマンを求める者が殺到している…。

とりあえず、オレたちも応募しようぜ!。





nice!(37) 

nice! 37