So-net無料ブログ作成

ヤマト運輸がAmazonの当日配送サービスから撤退のご様子の巻 [社会派]

宅配便最大手のヤマト運輸が、インターネット通販大手
アマゾンの「当日配送サービス」の引き受け業務から
撤退する検討に入った。

夜間配達の荷物の増加で従業員の負担が増え、
配送網の維持が難しくなっているためだ。

当日配送を導入している他の小売会社も、
事業の見直しを迫られる可能性がある。


ヤマトはアマゾンの当日配送の引き受けを
徐々に減らす方針で、アマゾンは日本郵便などの
利用を増やす考えとみられる。


当日配送は一般的に、小売業者が午前中に注文を受けて
商品を発送。物流会社の配送拠点に荷物が到着するのは
夕方以降となる。配達員はそれから荷物を扱い
午後9時までに届けるため、
長時間労働や過重労働の原因と指摘される。

             引用元 毎日新聞全国版(画像とも)
9.jpg


こんな奈良県民と無縁な
システムはいらない!!。


恩恵を受けられるのは、東京・大阪などの大都市だけ。
田舎者には無縁のサービスである。これぞ一票の格差、
地域格差!差別の温床!。

配送業界もアマゾンのワガママききすぎ!。
他の通販業者も出来もせんのに、
アマゾンのマネしすぎ!。結局、笑っているのはAmazonだけ。

どうあがいてもアメリカに勝てない日本。
この縮図を我々はネット通販の世界で見せつけられているのだ。
日本人はそろそろ気付かなければならない・・・。
13266646_645534305598046_1371499664_a.jpg

nice!(46) 

nice! 46