So-net無料ブログ作成
検索選択

大和高田市立図書館でオークタウンから出土したレンガが!の巻 [市内の出来事]

近鉄大和高田駅前のショッピングセンター、
オークタウン大和高田が、耐震性の問題で
建て替えられることになり、センターモールなど
主要2館が3月末で閉館した。


かつて紡績工場として栄えた場所で40年以上営業し、
「商都・大和高田」の名残をとどめる商業施設。
大和高田市立図書館では、
回想パネル展が19日まで開かれている。


閉館したのは鉄筋4階建てのセンターモールと、
同3階建てのヤングプラザで、近く取り壊しが始まる。

跡地に建設される新施設は、2018年11月に完成予定。

電器店やスーパーなどがある同6階建ての「くらし館」は
営業を続け、新施設の完成後、取り壊される。

20170415-OYTNI50019-L[1].jpg

オークタウンは1975年(昭和50年)、
ユニチカ高田工場跡地(約14万平方メートル)の一部
(約3万3000平方メートル)に開店した。

1897年(明治30年)に操業を開始した旧大和紡績の
工場が、3度の合併を経てユニチカの工場となり、
長く日本の繊維産業をリードしたが、
昭和40年代の繊維不況を受けて閉鎖された。

パネル展は、紡績工場の歴史に詳しい
香芝市真美ヶ丘の会社員、吉岡善博さん(55)が企画した。

2015年5月、県と大和高田市が行ったボーリング調査で、
オークタウンの駐車場から出土した紡績工場の刻印が残る
赤レンガ約30個をはじめ、開店当時の写真やパンフレットなど、
コレクションの一部を展示している。

                引用元 読売新聞奈良版(画像とも)
                取材 山本哲生記者
20170415-OYTNI50020-L[1].jpg


先日までオークタウンで展示されていた、あのレンガが、
図書館に移動して皆様の眼前に!!。

全世界のレンガ好きが刮目する高田のレンガ!。
キミのその目で確認していただきたいところ。

しかしオークタウン。
金曜日、前を通ったけどもう営業してる感、
まったくないな!。ライフとか電気屋、やってるんやけどな。

現在の大和高田市の縮図を見ているようで、
淋しいモンがあるな・・・。
nice!(64) 

nice! 64