So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス・マクロン大統領の嫁はんは高校時代の恩師!の巻 [社会派]

歴代最年少、39歳でエマニュエル・マクロン大統領が
今、まさに誕生しようとしている。オギャー!。

「最年少」ばかりが取りざたされているが、
今、NHKのニュース見てでんぐり返った。オギャー!。

嫁さんのブリジット・マクロンさんって、
488x-1.jpg

25歳年上で、
新大統領が、
高校ん時の
先生だって!?。



ブリジットさんは身長163センチ、歯に衣着せない発言をする。

高校教師として仏文学とラテン語を教えていた。
実家は北部アミアンで有名チョコレート「トロニュー」を
製造する資産家だ。

1992年に同地のイエズス会系のプライベートスクールで
演劇の指導をしていた時に、
当時15歳のマクロン氏と知り合った。

マクロン氏はブリジットさんの作品で演じ、
2人の関係は徐々に恋愛へと発展。

ブリジットさんは当時の夫との間に
3人の子どもをもうけていたが離婚した。

マクロン陣営のフェラッシ氏は
「彼らは標準的なカップルではないが、
それが2人の関係を強めている」と話している。

               引用元 Bloomberg
-1x-1.jpg

なにを持ってして、
「標準的なカップル」とするのかは、いささか疑問ではあるが、
(そんなん人の勝手じゃ放っておけということで)、
そんなエロマンガとかエロDVDでよく見られる展開が、
男子高校生の「夢」の世界が現実に!。

そして、ブリジットさんの先物買いのこの眼力!。
前の夫と3人の子供を捨てても、
教え子の高校生を取った非常識な勇気よ!。

今なら「児童虐待」で摘発されそうだが、
1992年ならよかったのか?・・・。

オレも…出来ることなら戻りたいぜ。1992年に。

バック・ツー・ザ・1992!!。
nice!(47) 

nice! 47