So-net無料ブログ作成
検索選択

火消しはまかせろ!高田商業高校に感謝状の巻 [市内の出来事]

大和高田市内の雑草火災で生徒たちが
初期消火活動をしたとして、県広域消防組合
高田消防署は7月7日、大和高田市材木町の
市立高田商業高校に感謝状を贈呈した。


高田消防署によると、火災は6月15日午後2時半ごろ、
同校近くの葛城川堤防斜面で発生。

付近をランニングしていたバドミントン部と野球部の部員ら
計約35人が協力し、川から水をバケツでリレーして
初期消火活動をした。
その後、消防が消し止め、約580平方メートルが焼けた。


バドミントン部員の北村駿弥さん(1年)は
「当時は風が強かった。消火活動で団結力が高まった。
けが人がなくて良かった」と話していた。

            引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
            撮影 藤原弘記者
9.jpg


高校生ですら上手に火消しできる大和高田市なのに、
行政の不祥事はうやむやになるのをただひたすら待つのみ。

6月議会で白黒つける言うた問題はどうなったのだろう。
市会議員さんたちのホームページ、ツイッターなど
SNSでも誰ひとり触れていらっしゃらない。
大手の新聞社奈良版担当も誰も触れない。

きっと皆さん、記事にしたり問題提起するまでもないほどに、
納得ゆく解決が得られたのであろう。めでたしめでたし。
nice!(31) 

nice! 31