So-net無料ブログ作成

死刑をダブルでお願いします!西川正勝&住田紘一、天に召されるの巻 [社会派]

法務省は7月13日午前、京都、兵庫、島根の3府県で
1991年、飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された
警察庁指定119号事件で、強盗殺人罪などに問われ、
死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)、旧姓・金田正勝の
刑を執行したと発表した。


また、岡山市で2011年、元同僚の女性を殺害したとして
強盗殺人などの罪に問われ、裁判員裁判で死刑を言い渡された
住田紘一死刑囚(34)の死刑も同日執行された。


関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。

再審請求中の執行は極めて異例で、99年12月以来とみられる。
住田死刑囚は裁判員裁判で死刑を言い渡され、
執行された3人目の死刑囚になる。

執行は昨年11月以来約8カ月ぶり。
第2次安倍政権発足(12年12月)以降では11回目で
計19人が執行された。
再審開始決定を受けて釈放された袴田巌元被告(81)を除くと、
確定死刑囚は124人となった。

                      引用元 毎日新聞全国版
                      執筆 鈴木一生記者

首くくり.jpg

悪そうな顔しとるわ!こらぁ、見た目だけで懲役確定や。
先にこのチョビヒゲ剃らさんかい。

まぁ、でもベックリしたやろな。
再審請求中だから刑の執行はない、
今日もアサヒ芸能読んでゆっくりしょうかー思てたら、
いきなり「お迎えでゴンス」。

この騙し打ちのようなシステムは残酷やな、
いくら死刑囚とは云え。
最初っから、キミ、死刑確定してるんで無理だわと、
請求を受け付けなきゃいいのに。

37d279976c0861060f1101d0ad378cfc.jpg

こちらもなかなかに異例。
この国は前科のないヤツが1人殺害ぐらいでは、
すぐに出て来るのよ。しかも、確たる証拠がない中、
任意の取り調べで犯行を自供し逮捕。
自首に近い形で事件が解決している。

しかし、本人が死刑を望んだり、控訴を取り下げたりで
あっと言う間に死刑。しかし、犯行に至った動機など、
詳細な部分は謎のまま・・・。


首くくり.jpg

今回、ハンコを捺した金田勝年法相。

このオッさんの仕事が遅いねん。
あと124回、ポンポンッとハンコ捺したらエエねん。
今回の執行も8カ月ぶりて、この間、何してますのん?。
124回のハンコ捺し、30分あったら出来るやろ?今からやれ。

任されたやるべき仕事をしないから、
刑務所いっぱいですねん、建て増ししましょうか?などと、
本末転倒なお話になる。

なに?冤罪などの可能性から慎重にならざるを得ない?。

死刑確定までいっとんねん、しかもこの長きに渡って、
我々の血税で食わしとるねん。今さら冤罪もなかろう。

とりあえず金田勝年法相、
今日この仕事終わるまで帰ったらアカンど。

nice!(30) 

nice! 30