So-net無料ブログ作成
検索選択

入浴中にスマホ充電の14歳少女が全裸で感電死の巻 [社会派]

入浴中にスマートフォンを誤って使用したため、
14歳の少女が感電死するという事件が、
アメリカのテキサス州で発生しました。

遺族は、誰にでも起こりうる事件だとして、
入浴中に携帯を含む電子機器を無闇に
使用することを避けるよう、注意を呼びかけています。


「火傷の痕が彼女の手にあった。
手には携帯が握りしめられていた。
何が起きたのかはすぐに分かったよ」と、
地元メディアの取材に答えたのは、
被害に遭ったマディソン・コーさんの祖母です。


マディソンさんは、入浴中に電源ケーブルに繋がれている
スマートフォンを手にしたか、あるいは充電しようとしたかの
どちらかによって感電死したと考えられています。


「他の人に起きる必要のない類の悲劇だ」として、
遺された家族はマディソンさんの死をきっかけに、
入浴中に充電中の携帯を使用しないよう、
Facebookなどで注意を呼びかけています。

また、彼女の死を悼んだ友人たちによって
オンラインで寄付が募られており、執筆時点で
11,000ドル(約125万円)以上が寄せられています。


こうした事件は決して珍しいものではなく、
充電器を胸のうえに置いてiPhoneを充電しながら
入浴した結果、男性が感電死した例が、最近も報告されています。

「充電器のような危険性のなさそうな機器でも、
浴室でヘアドライヤーを使うのと同様、
死に至る危険がある」と言われています。

またiPhone7/7 Plusは耐水機能を備えていますが、
Appleは入浴時の使用は禁じているうえに、
本体が液体にさらされた場合は必ず完全に乾燥させ、
充電したり Lightningアクセサリを接続したりする前に
5時間以上間を空けるよう、呼びかけています。

                    引用元 KCBD-TV,GoFundMe
06b55_1400_5bc7533d4dbe511a532f50a0e09f5f69.jpg

気の毒な話ではあるが、実にアメリカ「らしい」。

被害者遺族がメソメソせずに、
みんなは気をつけてね!と注意喚起をうながしている。

友人らも寄付を募るって・・・何に使うの?!。
難病ちゃうし。

正直、風呂でスマホいじるなよ。
しっかり洗うとこ洗えよ。

電機機器を水気のある場所に持ちこむのは実に危険。
電池1本でも危ない。

ここまでスマホが手放せないというのは、
ギャンブルらと同じく「依存症レベル」。
病院での適切な治療が望まれる。

nice!(54) 

nice! 54