So-net無料ブログ作成
検索選択

大和高田市がロケ地に?!映画「かぞくわり」木下彩音さん撮影終了!の巻 [市内の出来事]

葛城地域を主要な舞台にした映画
「かぞくわり」の奈良県内での撮影が、
クランクアップした。

俳優陣の入った撮影は香芝市内で7月26日に終了し、
最終の演技者となった木下彩音さんに
塩崎祥平監督から花束が手渡された。
今後、編集作業などを進め、年内の完成を目指す。


映画初出演となる木下さんは撮影現場での取材に、
「達成感があります。すごい方々が演じる
家族の中に入り、自分が思っていた役を
表現できました」と振り返った。

映画は、葛城地域に住む家族を描き、
現代の家族の在り方や役割を問う。

主演の陽月華(ひづきはな)さんと、めい役の木下さんを軸に
展開し、陽月さんと同居の両親を小日向文世さんと
竹下景子さんが演じる。

県内での撮影は7月3日、桜井市でスタートし、
当麻寺(葛城市)のほか、葛城市役所や
片塩商店街(大和高田市)などでも行われた。

撮影は県内8市町村の約30カ所に及び、
エキストラも多数参加した。

              引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
              撮影 藤原弘記者
9.jpg

(偶然、現場に居合わせたファンから花束をもらう木下彩音さん)。


先日、公開されてまだ記憶にあたらしい、
葛城地域のご当地ムービーの新作が撮影完了。

前作「天使のいる図書館」は10月3日、DVD発売、
レンタル開始です。見のがした方も、劇場で観たけれど、
もう一度細かいところまで見たい!、
裏・市長、映ってんじゃね?。

そう思われる方はDVDでご確認を。
映像特典は葛城地区ロケ現場紹介(笑)。

ご予約はお近くの幸町、ライフの上の「ビデオ」で
絶賛受付中(何ももらっていない)。

でもな、Amazonをはじめとした通販は
手軽でよいのだけれど、
海外資本をこれ以上、肥え太らす事もないんじゃないか?。
このような映画こそ、地元の店舗に金を落としてやろうぜ。

お買い上げ金額に応じて割引券もくれるぜ。
(くれぐれも何ももらっていません)。

nice!(60) 

nice! 60