So-net無料ブログ作成
検索選択

新潟県 加茂暁星高校野球部の小林奈歩さん(16)、練習中に死亡の巻 [社会派]

新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月、
野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた
2年生の女子マネジャー、小林奈歩さん(16)が、
8月5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなった。
死因は低酸素脳症だった。


加茂暁星高校によると、小林奈歩さんは
7月21日午後5時半すぎ、学校から約3・5キロ離れた
野球場での練習に参加。

午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って
学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。


小林奈歩さんは普段、球場を行き来する際は、
用具などを積み込むマイクロバスに乗っていた。

この日はけがをした部員がバスに乗るなどしたため、
押切智直監督が
「マネジャーはマイペースで走って帰るように」と
指示していた。

小林奈歩さんが倒れた直後、駆けつけた押切智直監督は
「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、
AED(自動体外式除細動器)は使用しなかったという。


加茂署は業務上過失致死の疑いも視野に、
関係者から事情を聴く方針。

同校は「生徒のご家族には誠意を持って対応し、
このようなことが起こらないように対策を取りたい」と
コメントしている。

                          朝日新聞全国版
m_9bf7713c183264a5b43b320e73a318dc.jpg


この事件、あまり報道されていないけれど、
やっぱりアレかね、高校野球のシーズンだから
マイナスになるようなニュースは控えてんのかね?。

もうね、昭和じゃないんだから。
高校球児だって人間なんだから、光る汗が美しいなんて
時代ではない。

大阪の最高気温が38度越えの日本列島でっせ。

高校野球や学校の部活動も時代に合わせて
やらないといけない。

がんばれば強くなれる!それはもう幻想。
今の時代、強い奴を銭で集められるのが最強への近道。

「今後、気をつけまーす!」と言ったところで、
失われた命は戻らない。

子どもたちのスポーツ活動環境について
早急に見直す時期ではないのだろうか。
突きおと死.jpg

nice!(43) 

nice! 43