So-net無料ブログ作成

斎藤杏花さんを2年間飼育した寺内樺風、からあげクンに刑期も増量!の巻 [社会派]

埼玉県朝霞市の斎藤杏花さん(16)が昨年3月、
約2年ぶりに保護された誘拐事件で、
未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた
寺内樺風(かぶ)被告(25)=千葉大を休学扱い=の
判決公判が8月29日、さいたま地裁で開かれたが、
被告が奇声を上げたため、
松原里美裁判長は開廷直後に休廷を宣言し、
その後、延期が決まった。



寺内被告は「パチンコ・スロット夢らんど」と
奇声を上げながら入廷。

「私はオオタニケンジでございます」と話して
被告席に着いた。

裁判長が前に出るよう促すと「私ですか?」と問い、
生年月日を聞かれると「平成13年1月15日」「16歳」と
実際と違う生年月日と年齢を言った。

本籍も「和歌山県那智の滝」と虚偽の場所を答えた。

さらに「私は日本語が分からない」と話したため、
裁判長が「私の質問は分かりますか」と質問。

寺内被告は再び「私はオオタニケンジでございます」と話した。


職業を問われると「森の妖精です」。

ここはどこですかとの質問には
「トイレです。私はおなかが空いててます。
今なら、からあげクン増量です」と答えた。


裁判長が弁護人に
「いつもこの調子なんですか」と尋ねると、
弁護人は「けさからこの調子です」。

裁判長は午前11時までの休廷を告げた。

公判は11時10分に再開したが、
裁判長は公判の延期を宣言した。期日は未定。


寺内樺風はこれまでも公判で奇妙な言動を繰り返し、
7月25日の論告求刑公判でも、
裁判長に最後に何か言っておきたいことはと尋ねられ、
「おなかが空きました」と答えていた。


起訴状によると、寺内樺風は平成26年3月、
朝霞市で当時中学1年の斎藤杏花さんを車に乗せて誘拐。

昨年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅マンションで
監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を
負わせたなどとしている。
検察側は懲役15年を求刑している。
 
                    引用元 産経新聞全国版
9.jpg


キチガイ演技もここまで来ると笑えない。
25にもなって、うわべだけ妙な事を口走れば、
精神鑑定に持ちこめると誰かに入れ知恵されたのか。

本当のキチガイとは、一見、普通に見える人間。
普通に社会の中に溶け込んで紛れている。

表向きのつきあいだけでは、わからない。

だが、深く相手を知ると内に秘めた「狂気」が見えてくる。

それこそがホンモノのキチガイ。

生年月日、場所、職業など、
答えは違えど、裁判長の問いに
ちゃんと答えているところがアホ。

このような男の一挙一動をおもしろおかしく報道するから、
また、この事件が注目を浴び、被害者であるはずの
斎藤杏花さんが再び注目されてしまう。

このような二次被害を巻き起こしているのが
マスコミなのである。

寺内樺風の大作戦、してやったり。

裁判長もこのような手にまんまとのせられて、
延期などしてはいけない。
即日、死刑を言い渡せば時間も金も節約できるというもの。

寺内樺風、どうせ生かしておいても、
あまり日本に利益をもたらす事はなさそうだ。

などと書くと、人権派の方々からクレームを頂くのだが、
それでは、あなたの娘を今から2年間、
預からせて頂きますねとお願いすれば快諾頂けるだろうか。

そこんとこ、よーく考えてみよう。
70be65fa.jpg

nice!(30) 

nice! 30