So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道に消えた中国の美人女教師・危秋潔さん、遺体で発見の巻 [社会派]

先月、北海道を一人で旅行中に行方が分からなくなった
中国人女性が、宿泊先に「もう頑張れない」など
別れの言葉をつづった手紙を残していたことが分かりました。


中国人女性・危秋潔さんが泊まっていた
札幌のゲストハウスには、危さんの荷物とともに
家族や友人などに感謝や別れの言葉をつづった
手紙が残されていました。

危さんが残した手紙
「ごめんなさい、これはお別れの手紙です。
27年生きてきたけど、もう頑張ることはできない。
私がいなくなることで悲しまないで下さい。
自分は星になって皆を見守るからね。
皆のことを心から愛しています」


27日、北海道釧路市桂恋の砂浜で
女性の遺体が見つかり、服装などから遺体は
危さんの可能性があるとみられています。

司法解剖の結果、女性の死因は水死で、
死後1カ月ほど経っていることが新たに分かりました。

               引用元 テレビ朝日ニュース
170727_chinese4.jpg


おいおい、日本人がJアラートが鳴ったとか、
鳴らなかったとか、お祭り騒ぎをしている裏で、
先日から行方不明だった中国の女先生が遺体で
発見されたぞ。


話が違うじゃないか!。


完全な遺書があったんじゃないか!。
なぜ、それを先に言わないんだ?。

事件に巻き込まれた可能性があると、
中国のエライさんが北海道にやってきて
捜査を依頼し、両親も揃って北海道入りしていた。

残された手紙には、
「新しい生活をはじめます」とあったと報道されていた。

もし当初から、遺書が公開されていたならば、
日本人は絶対に見捨ててはおかなかったハズ。
全力で探していただろう。

それを気ままな中国女が自分探しの旅に出た…、
そのような印象を植え付けてしまったため、
「好きにせぇや!」と皆が思ったはず。

結果がこれだ・・・。

そして、ほとんど報道される事もなく、
気まぐれな中国人の自殺事件として、
闇から闇へと片づけられてしまうのだ…。
nice!(50) 

nice! 50