So-net無料ブログ作成
検索選択

近鉄橿原線ファミリー公園前駅で19歳の遺体発見されるの巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

8月27日午前9時20分ごろ、
奈良県大和郡山市宮堂町の
近鉄橿原線ファミリー公園前駅の下りホームの下に、
男性が頭から血を流してうつ伏せで倒れているのを、
橿原神宮前発大和西大寺行き急行電車の運転士が発見。


報告を受けた近鉄の社員が同県警郡山署に通報した。
倒れていた男性は死亡が確認された。

同署などによると、死亡していたのは
20歳くらいの男性とみられ、
身元の確認と死亡した原因を調べている。


この事故で同線では上下合わせて21本が運休、
5本に最大約51分の遅れが生じ、約5200人に影響した。

近鉄によると、大和西大寺駅を午前5時57分に出発した
橿原神宮前駅行き急行の1両目の車両の左下側に、
何かとぶつかったような接触痕があったという。

この電車の運転士は「気付かなかった」と話しているという。

                         引用元 産経新聞


その後、毎日新聞の報道では、奈良市在住の19歳少年と
確認されたという。駅の防犯カメラに行ったり来たりする
少年の姿が記録されていた。

言うてはなんだが、自殺もその方法を考えないと、
5.200人に影響を与える・・・。
そのわずかな遅れのために人生が狂った人も
いるかも知れない。そう考えると怖ろしいな!。

死ぬのをためらっていた様子が記録
されているというのがなんとも切ない・・・。
他人の人生に、死ねとも死ぬなとも言えないが、
19年しか生きていない子どもが死を選ぶ国は
本当に豊かで幸せな国なのだろうか・・・。


9.jpg

nice!(25) 

nice! 25