So-net無料ブログ作成

奈良県に妖怪新聞出現!その正体は妖怪?木下昌美さん(29)の巻 [名物さんご紹介]

「猫また発祥地?」「県内全域に残る鬼伝承」。


こんな怪しい見出しで奈良県内に出没する妖怪に
次々とスポットを当てている独自の電子新聞がある。

その名も「奈良妖怪新聞」(大和政経通信社発行)。

執筆する奈良市の妖怪文化研究家、木下昌美さん(29)は
「さまざまな妖怪からその土地に暮らしてきた人々の考えや
風習、文化が見えてくる。
妖怪は奈良を探る一つのツール」という。


奈良県内には「ガゴゼ」や「一本だたら」「砂かけばば」
「べとべとさん」などの妖怪の話が伝わる。

これまでにあまり知られていない妖怪もおり、
隠れた話を掘り起こしている。

奈良妖怪新聞は昨年3月から月1回の発行で、
「総集編(壱)」も出版された。資料を調べたり、
妖怪の話が伝わる現地を訪ねて地元の人に取材して執筆。
怪しく不思議な話が盛りだくさんだ。


上北山村に伝わる「一本だたら」は一本足、一つ目のお化け。

「『12月20日は出るので外に出たらいけない』と
いわれることを聞き、なぜか調べると
昔は積雪が危険だったのでそういわれるようになったらしい」。

妖怪出没にはその土地ならではの理由があるようだ。


福岡県宗像市の出身。子供の頃から怪しい話が好きだった。
同志社女子大や奈良女子大大学院で怪異な話が多い
「今昔物語集」や「日本霊異記」などの説話文学を研究。

当時から「研究者になりたかった」というが
修士課程修了後は地元紙の記者に。
約3年間務めた後、思いを貫いて妖怪文化研究家として
伝承集めに奔走するようになった。

「昔だったらおばあちゃんとかから妖怪の話を聞けたが、
今の子はそういうことが少ない。だから掘り起こして伝えたい」

奈良妖怪新聞の創刊から1年以上がたち、
読者らが「うちの地域にはこんな話がある」などと
声をかけてくれる。〝妖怪ネタ〟は尽きそうにない。

妖怪があしらわれたワンピース姿もすてきだ。   

                引用元 産経新聞奈良版(画像とも)
20f224d70eafa67ddb087731f3b45c07-624x1024.jpg

「ゲゲゲの鬼太郎」とか「ドロロンえん魔くん」を
見ていると、人間社会に妖怪を広めようとする、
新聞や雑誌を発行しているのは
大抵、人間に化けた妖怪の仕業。

木下昌美さんの正体も九分九厘、妖怪。

砂かけばばあって奈良県産とは知らんかったわ。
クソばばあはいっぱいおるけどな。


「妖怪があしらわれたワンピース姿もすてき」。

・・・。え?。


20f224d70eafa67ddb087731f3b45c07-624x1024.jpg

 ホンマや!!。

こんなんどこで売ってるの!?。ちょっと欲しい。
nice!(34) 

nice! 34