So-net無料ブログ作成

仲川げん市長もお手上げ!奈良市ごみ収集職員、殺人にゴミ無断持ち込みの巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

コットン1.jpg

奈良市の職員が交通死亡事故を起こし、
8月、停職5カ月の懲戒処分を受けていたことが
今頃わかりました。

8月31日付けで停職5カ月の処分を受けたのは、
奈良市の環境清美工場につとめる42歳の男性職員。

奈良市によりますと、男性職員は去年8月、
大阪府大東市内で最高時速40キロの道路を
90キロを超えるスピードで走行。

その際に歩行中の74歳の男性と衝突し、
男性を死亡させたということです。

男性職員は在宅起訴されていて、
現在大阪地裁で裁判が行われています。

また、自らが伐採した木の枝などを職場の処分場に
無断で運び入れ、3日間放置した男性職員も
9月1日付けで減給10分の1、6カ月の処分を受けています。

             引用元 奈良テレビニュース(画像とも)

コットン1.jpg

仲川げん奈良市長もあきらめの境地で認めてるけれど、
環境清美職員が自分とこの粗大ごみ、
無料持ち込み処分とか、
ご近所のごみも持ち込んであげるとか、
公認の事実じゃん?。美しき助け合いじゃない?。

3日間放置で減給て、そらないわぁ~。
処分するなら全員処罰を与えるべきやわぁ。

そしてなぜか同じような事をしても、
実名報道されるもの、されないもの。
この差はどこから出てくるのであろうか。


で、この記事終わろうとしたら、
とんでもねぇ事実が判明。
「自らが伐採した木の枝」って、
その量が・・・、
14トンやて!。

14トンって、とんでもねぇ!。
個人のゴミとちゃうがな。
こーゆーのを習慣的に無料処分していらっしゃるのね…。
nice!(56) 

nice! 56