So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良市・夫婦医師 三浦淳子先生を見殺しにした三浦尚先生を逮捕の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

自宅のトイレで倒れた妻で医師の三浦淳子さん(72)を
放置したとして、奈良県警は8月11日、
奈良市中登美ケ丘6の医師、三浦尚(たかし)(75)を
保護責任者遺棄容疑で逮捕した。


妻は、警察官らが自宅に駆け付けた後に
死亡が確認された。 逮捕容疑は今月8日ごろ、
マンション1階の自宅トイレで便器と引き戸の間で倒れ、
動けなくなった淳子さんを11日朝まで放置したとしている。

三浦容疑者は「妻を動かすことができず、
様子を見るしかなかった」と容疑を否認しているという。

県警によると、三浦容疑者は淳子さんと2人暮らし。
淳子さんが開業している医院でともに働いていたが、
8月中旬に淳子さんがめまいなどの体調不良を訴え、
一時入院。その頃から医院を休んでいた。


三浦容疑者が11日朝、淳子さんが死んでいると
九州在住の娘に電話で伝え、娘の進言で110番したという。
県警は遺体を司法解剖し、死亡したいきさつなどを調べる。

                     引用元 毎日新聞関西版
1203461_1_500_500_3.jpg

学園前皮膚科医院という病院だそうな。

75歳と72歳の開業医夫婦。

認知症の疑いはないのだろうか・・・。

逃亡する怖れもなし、逮捕までしなくても
いいのではないだろうか。

高齢化するばかりの現代社会において、
切実な問題かもしれない。
これは特別な事件ではないのだろう。

nice!(46) 

nice! 46