So-net無料ブログ作成

福岡・江川小学校 教諭が児童の顔を蹴り重体・緊急搬送!犯人はNかKか?の巻 [社会派]

北九州市若松区の市立江川小学校で1月、
6年の男子児童の顔を蹴って
けがを負わせたとして、福岡県警若松署が
男性教諭(20歳代)を傷害容疑で
福岡地検小倉支部に書類送検したことが分かった。

送検は9日付。

捜査関係者によると、教諭は1月23日午前、
保健室前の廊下で男児の顔を蹴り、
鼻の下の骨を折るけがを負わせた疑い。

男児は一時、意識を失って救急搬送された。
保護者が翌24日、若松署に被害届を出していた。

市教委によると、男児は2時間目の授業後に
体調不良を訴え、保健室で検温したが熱はなかった。

インフルエンザの流行などで保健室が
いっぱいだったため、教諭は男児に教室へ戻るよう
指示したが、従わなかったため腹を立てたという。

教諭は自宅謹慎の後、今月から市教委の施設で
体罰防止の研修を受けている。

                引用元 読売新聞全国版
8.jpg


限度を知らない
大人たち。


ボチボチ、体罰を知らない世代が教師として、
現場に出て来る世代なのかも知れない。

それにしても、いくらカッとなっても、小学生児童に対し
突き飛ばして倒れ込んだ相手の顔を足で蹴り、
顔面骨折させ、意識不明にし、
他の教諭が119番通報し、搬送された…というのはやりすぎ。

一般社会なら、即逮捕レベルの暴行傷害なのだが、
なぜだろう、教育者や公務員が同じことを行っても、
実名報道すらされないまま、うやむやに終わってしまう。

この学校の6年生は3クラス。
6年1組 N先生なのか、
6年2組 K先生なのか?。


現在、疑惑の目はこの2人に向けられている・・・。
相手に迷惑がかかるから、実行犯は早めに
名乗り出たほうがよいと思われる。

なお、3組は女性教諭のためシロだ。

被害児童がどのぐらいの悪さをしたのかはわからんが、
それでも病院送りはやりすぎだろう。愛が感じられない。


■追記■
指導が入りましたので、実名記載を伏せさせて頂きました。
ご了承ください。(2018/2/15/03/04更新)
nice!(43) 

nice! 43