So-net無料ブログ作成

高田市駅前の危険道路に「冠水注意」と書いておきましたの巻 [市内の出来事]

昨年9月の局地豪雨で、大和高田市の近鉄高田市駅の
高架下をくぐるアンダーパスが冠水して車2台が水没した
問題を受け、県が全長44メートルにわたる
「冠水注意」と表示した青色のカラー舗装を初めて実施した。

同市内のアンダーパスでは冠水被害が相次いでおり、
身近に潜む危険への事故防止対策は急務として、
県は管理する10か所のアンダーパスの安全対策に
乗り出した。


近鉄大和高田駅、JR高田駅近くのアンダーパスも同様に
冠水し、3か所で計7台の車が水没した。
県によると、この3か所だけで昨年は計10回の冠水が
確認された。毎年数回は発生しているという。

県は1月末、危険性を知らせるため、近鉄高田市駅の
アンダーパスに「冠水注意」と表示した舗装を実施。

冠水時に想定される水位を考え、長めに文字を配置し、
目立つように青色の帯を引いた。
今後、24時間体制で道路の状態が確認できる
監視カメラを設置する。

高田市駅近くのアンダーパスは、
地下に排水ポンプ設備があり、一定量を感知すると、
毎分約4立方メートルを排水する仕組みになっている。

しかし、昨年9月は不具合で作動しなかった。

           引用元 読売新聞奈良版(画像とも)
無題.jpg

普段はこんな黄色いスーパーカーは滅多に
走ってません。たまたまです。

通常は作業者とか、信号のない場所を平気で
横切るオバちゃんなどが多数生息しています。

去年の冠水は不具合による人災かよ!。

対策と行っても、道に文字書くだけではどうやねん?。
水没したら、読めないじゃん。

根本的な対策が望まれるが、元々最初っから
ヘコんだ場所やもんな。天井の線路からどけないと
どうにもならない。

こんな場所に道作ったヤツが悪い。
当時の責任者のお給料カットしようぜ!。
まぁ多分、もう生きてないだろうけれど…。
nice!(46) 

nice! 46