So-net無料ブログ作成

大和郡山市柳町商店街の金魚電話ボックス撤去されるの巻 [社会派]

著作権をめぐる問題を受け、大和郡山市柳町商店街に
設置されていた「金魚電話ボックス」が、
4月12日朝、撤去されました。

柳町商店街の「金魚電話ボックス」は
電話ボックスの中で金魚が泳ぐユニークさが
人気を集めていました。

しかし、著作権をめぐる問題で先月、商店街の組合は
撤去の方針を固めていました。
今日、シートで覆われ、撤去のお知らせが貼られた
電話ボックス。中に金魚はおらず水も入っていません。

今回の問題は、福島県の現代美術作家・山本伸樹さんが
自身が1998年に発表した作品と非常に似ており、
著作権の侵害にあたると以前から指摘。

商店街側は著作権を侵害している認識はないとしながらも
トラブルを考慮し、撤去したものです。

著作権を認めてもらったうえでの存続を希望していた
山本さんは「大変残念」とコメントしています。

                 引用元 奈良テレビ(画像とも)
無題.jpg

 どっちもどっち。

福島県の美術作家も商店街も目くそ鼻くちょ。

著作権とか自分の作品以前に、電話ボックス自体が、
エヌチーチーのモンとちゃうんかいな。
NTTはやっぱり太っ腹やな!細かい事は気にしない。

普通、自分とこの器で勝手に金魚飼われてたら怒るでしかし。

商店街もこんなケチつけられるモンに頼らず、
本来の商売で勝負せなアカン。
インスタたらなんたらで話題になっても、
流行りモンはやがて飽きられる。その時、どうすんのよ?。
人魚でも入れるか?。

撤去は残念ではあるが、これから先ずっと作家に著作権料
支払ってまで、置いとくもんじゃない。これでよかったのだ。
nice!(63) 

nice! 63