So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパー玉出で毒入りフグ販売中!猛毒価格9.800円!の巻 [社会派]

激安で知られる「スーパー玉出」(大阪市西成区)の店舗で、
有毒な部位を含んでいた恐れがあるマフグが一時、
店頭に並んでいたことが分かった。

大阪市はフグの取り扱いを定めた大阪府の条例に
違反する可能性があるとして、29日にこの店舗を立ち入り調査した。

市生活衛生課によると、同市北区の「スーパー玉出天神橋店」。
内臓や卵巣は取り除かれた状態で仕入れていたが、
今月下旬、毒が含まれている恐れがある皮が付いたまま、
パック詰めをして販売していた疑いがある。

従業員がすぐに気付き撤去したため、購入した客はいないという。

                          引用元 毎日新聞関西版

12193839B_b_08_500.jpg


フグの毒はキモだけではないのか!。
皮にまでドクとは・・・。そこまで危険を侵してまで、
食べなければならないものか、フグ・・・。

思えば関西人は2文字の食べ物が大好きだ。
フグ、ハモ、カワ、キモ・・・。

すぐに撤去した」というが、「10時間後」らしいぞ。

関西では10時間はすぐである。
ウソだと思ったら聞いてごらん。
「そんなもん、あっちゅう間や!!」と言いよる。

価格9.800円だったので半額待ちで誰も買わなかったと思われる。
これが見切り品であれば、すぐに完売したハズ。
店も客も運がよかった・・・。
nice!(70) 

めでたいでんしゃに乗ってオフ会に!その12の巻 [名物さんご紹介]

加太駅において、帰りそうで帰らないかーかさん
(電車がなかなか発車しないだけ)無事、お見送りした我々は、
友ヶ島に向かった集団を待ち受けていた。

ドカッとベンチに腰をおろし、青山実花さんと話してみる。

・・・スゴイな、この人。
多分、ソネブロの中でもそのタイトルを挙げると、
5人ぐらいしか知らねーんじゃねーの?というような
名称が次々と出てくる。

道中、誰かが聞いてたっけ。

「どんな映画、観るの?」と。
答えようとする青山実花さんのセリフを遮って、
ボクが答えてあげました。

「なんでも観ますっ!」。

フジャケている訳ではなく、この答えは正解だろう。
この方の「のんびり。」をご覧いただくと
それはご理解いただけると思うが、和洋折衷なんでもアリだ。

ラブストーリーが好き、アクションが好き、
ヒューマンドラマが好き…など、ひとつのジャンルだけを選ぶのではない。

すべてのカテゴリーひっくるめて「映画」という世界なのだ。

そこには分け隔てはない。
関西人だ、関東人だという狭い島国根性はそこにはない。
地球に住む人類は、すべて「地球人」なのだ(話が大きくなって来たぞ…)。

よく言えば、記憶力がよい。
悪く言えば、忘れてほしい事を忘れないタイプのようで、
ある時、ボクがコメント欄に殴り書いた事柄について、
非常に「熱く」語っていただいた。←もう、忘れていいよ。

うわべだけのセリフかどうかっちゅーのは、話していればわかるもんだ。
あ、この人、他人のことで本気で悔しがってるよ・・・。

ひょっとして、青山実花さんって、
いい人なんじゃないか?・・・。

P6290002.JPG

(このようなイメージでご覧ください)。


と、思った途端。
「あ、レンタルビデオ屋さんで働いてたハナシ
あれってホントなんですか?、いいなぁと思って信じてたのに・・・」。

・・・ウソちゃうて。

…青山実花さんって、
いい人じゃないんじゃないかな…?。


P6260001.JPG

(やっぱり上の絵、こっちに差し替えておいてください)。

これはボクが悪い。
しょっぱなから騙くらかしてばっかりいたので「信用がなくなった」状態。
ついでに書いておくとボクの言う、書く事柄は基本、真実である。
ホラは吹くが、ウソはない(笑)。その線引きが微妙~ではあるが。

で、そこからまた、ちょっといいハナシをしてくれたのだが、
ボクはトイレに行きたくなった。スマンがそれどころではない。

一休5.jpg


加太駅のトイレって・・・、
まだ和式かよ?!。

今時、駅のトイレで和式って探しても見つからないんじゃないか?。
もう、日本から和式トイレは絶滅して我が家にしか存在しないと
思っていたのに、公共のトイレでまさかの和式。

それはまぁ、いいじゃないか。

「蚊」、多すぎっ!!!。

ペロンと出したら、(何を?)10匹ぐらい寄ってくる!。
もう、常に振っておかないと刺される状態!。
やっとの事で用を済ませると、雨で霞む風景の向こうに、
燃え尽きる寸前の集団約4名が姿を現したのであった・・・。

                                つづく。

まだ、つづくのか・・・。早よ終われよ・・・。
と、キミもボクも思いは同じだ!。
nice!(55) 

めでたいでんしゃに乗ってオフ会に!その11の巻 [名物さんご紹介]

おい!もう1カ月が過ぎたぞ!。
時代は動いているというのに、
ここだけ時間が止まっている感覚だ・・・。

まるたろうさんと感動の再会を果たした我々は、
友ヶ島グループが戻るまでまだ時間がある、という事で、
加太春日神社へと向かう。

ここでは、おみくじ・お守りを各自求める。
だが、金運を呼び込む黄色のお守りが・・・ない!
黄色だけがない。
よっぽど金運に見放されているのか、
それともこれ以上の金運は必要のないリッチな人々が
集まっているのか・・・。

あきらめきれない、かーかさんは社務所をガサ入れ!。
だが、やはり金運には出会えず・・・。

その隙にクーちゃんママは、ちゃっかりしっかり御朱印を頂く。

クーちゃんママのスゴイところは、行く先の施設やイベントを
最大限利用する。ブログ記事をご覧になるとおわかりになるように、
「後で記事を書く」という前提で各地を訪れているので、
資料やパンフレットを常に探し求めている。

いきあたりバッタリで、記事をアップする時は
ほかの人のを丸写しすりゃいいじゃん♪と考えている
ボクとはどエライ違いだ。データに裏打ちされている…。恐るべし…。

で、まだ時間がある。
ノドが乾いたね~という事で、マップに掲載されている、
じじばばカフェ」で休憩をする事とした。

だが、「じじばばカフェ」が見えてこない・・・。
すでに老衰で・・・。その時、まるたろうさん
徘徊している、じじばばを発見!。

見つからないハズだよ!。

外観が普通の民家の軒先だよ!。

ここで我々はアイスコーシーを頂く。外はまだ雨が降っている…。

その時、かーかさんが叫ぶ。

「ひじきコロッケひとつお願いします」。

   !! 。

まさかそんなモン、売れるとは思っていなかった店の人が、
どう見ても自宅に上がり込み、コロッケを探しに向かった。
タタミの部屋から戻った店の人の手には、こじきコロッケのモトが。

それをどう見ても「家庭用のなべ」で揚げてくださる。
どうも、和歌山の一般家庭、友達の家にあがっている感覚だ。

一応店舗だが、一列に横並びしてコーシーをすする我ら集団。
その前にズラリ並んで、立ちつくし、かーかさんがコロッケをかじるのを
観察していらっしゃる店員さん・・・というか、友達のお母ちゃん。

その光景はまるで、映画「家族ゲーム」のようだ・・・。
kazokugeme_001-300x183.jpg


加太駅に戻った我々はここで、かーかさんに別れを告げる。

残念だなぁ…と思う気持ち。
付き合い悪いのぉ・・・と思う気持ち。それらは複雑に入り混じるが、
やはりそれぞれ事情もあろう、家に残している
娘さんたちも気がかりであろう。

わかった。また来年ね!。←なぜか決めつける。

P6290001.JPG

(すっかり、ゆるキャラ化してまいりました)。

ホッとしたのもつかの間。
間もなくヤツらが・・・ヤツらが、無人島から戻って来るのである・・・。

                                     つづく。

nice!(59) 

沖雅也さん34回忌の巻 [社会派]

雨が続いております、皆様いかがお過ごしでしょうか?。

さて、6月28日は俳優、沖雅也さんのご命日、34回忌でした。
沖.jpg

31歳で亡くなっておられるので、
すでにその倍以上の年月が過ぎた事になります。

平成も28年となりますと、「沖雅也」という俳優を
御存じない方も多くなっているのではないでしょうか。

1970~1980年代を中心に活躍されながら、
その最後が自殺、マスコミの興味本位な報道、
さらに遺された養父である、日景忠男氏の行動、言動により、
「同性愛者」というレッテルが貼られ、
一種のタブー、触れてはいけない状態が長く続きます。、

まるで「沖雅也」という俳優自体がいなかったように。

実際、映画会社・日活出身としては映画作品に恵まれたとは言い難く、
劇場映画の主演作としては「高校生無頼控」一本に留まります。

その後、活躍をテレビの場に移しますが、
「太陽にほえろ!」「俺たちは天使だ!」、
「必殺シリーズ」など
有名どころ以外は再見も困難な状況。

そして、1983年(昭和58年)6月28日、
新宿京王プラザホテル屋上、47階より投身。

1980年代、まだまだ世間的に「うつ病」などという言葉も
症状も理解、認知されていない時代。
これがもし、現代ならば、
ホテル屋上に一般人が立ち入れない警備体制であったなら、
結果はまた違っていたかも知れない。

没後33年過ぎた今も「沖雅也」は、
正当な評価がされているとは言い難い。そんな俳優なのです。

真・大和高田市ホームページでは彼を偲び、
テレビ出演作メディア化を企画、推進しています。ご期待ください。

沖2.jpg

nice!(47) 

奈良市環境清美工場職員、八木橋政人ら3度目の逮捕!の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

資源ゴミを盗んだ疑いで、すでに逮捕・起訴されている職員が
今度は、市の伝票を使って給油したガソリンを横領した疑いで
逮捕されました。

業務上横領の疑いで逮捕されたのは、
奈良市環境清美工場に勤める八木橋政人容疑者(54)と
奥川成敏容疑者(57)、そして堤栄一郎容疑者(51)の3人です。

警察の調べによりますと、3人は、今年1月と3月に
市が契約している市内のガソリンスタンドに公用車で行き、
市の給油伝票を使って自ら持参した携行缶にあわせて
61リットルのガソリンを入れて着服した疑いです。

市の説明によりますと、通常、給油する際はスタンドで伝票に
車両番号や給油量などを記載してもらうことになっていますが、
携行缶にガソリンを入れることを前提としていなかったため、
市は、犯行について把握できていませんでした。

また、工場内でのみ運行する公用車については、
運転時間などを記入する日報が存在せず、
管理がずさんだったことも認めています。

なお、八木橋容疑者と奥川容疑者は資源ゴミを盗んだ疑いで
すでに2度逮捕されています。

                      引用元 奈良テレビニュース
nakagawa-500x284.jpg

「とどめをさす!」と意気込む、仲川げん奈良市長。
言うなぁ、やるなぁ。この調子でガンガンゲンゲンいってくれたら、
奈良県の評価もうなぎのぼりやで。がんばって!げんさん。


49円のおにぎりで驚いていてはいけない事態になりそうだ・・・。
怖ろしい情報が飛び込んできた。

198円のお弁当が存在する・・・らしい。
限定の特価品ではない、いつ行っても198円らしい・・・。
やはりEUの離脱が大きく関係しているのだろうか・・・。

引き続き追跡取材を試みるつもりである。続報を待たれよ・・・。
8uploaded.jpg

nice!(88) 

女子高生大好き[黒ハート]奈良北高校・梅景雄己先生は盗撮魔?!の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

生駒署などは6月25日、盗撮目的でカメラを設置するため
勤務先の高校の女子更衣室に侵入したとして、
奈良市宝来町、県立奈良北高校教諭、梅景雄己容疑者(30)を
建造物侵入の疑いで逮捕した。

同署によると、「女子生徒の着替える姿が見たかった」と
容疑を認めているという。

容疑は17日午前6時半ごろから午後0時20分ごろの間、
盗撮目的で校内の女子更衣室と会議室に侵入したとされる。
学校関係者が更衣室の棚などに置かれていた
小型のビデオカメラ2台を発見し、通報した。

同署は、ビデオカメラの映像などから梅景容疑者を特定。
着替えの様子は映っていなかったという。

同校によると、梅景容疑者は赴任4年目。
社会科を教え、3年生の担任や野球部長を務めていた。

                     引用元 毎日新聞奈良版
j4V36za.jpg

う~ん、盗撮や迷惑防止条例、ドスケベ罪ではなく、
「建造物侵入の疑い」での逮捕か・・・。

こんなん常習的にやっとるにきまってるがな!、
と証拠もないのに決めつけてはいけない。
あくまでも建造物侵入であるが、この学校の職員なのに、
侵入罪って適用されるのん?。

どスケベ罪での立件は見送られたが、
梅景雄己先生的には社会から抹殺されてしまったのは
間違いない。もう奈良県で平穏な生活を送るのは無理だ。

どうかアフリカの大地に渡り、クンタキンテとして、
安らかな余生を送ってほしい。女子高生はいないが・・・。
nice!(63) 

参院選・えっ?17歳だけど投票しちゃった!の巻 [社会派]

7月10日投開票の参院選で、10日に18歳の誕生日を迎える
富山県立桜井高校3年、室谷虎太郎さん(17)が
25日、同県魚津市役所で不在者投票した。

今回の参院選は、公職選挙法の改正で、選挙権年齢が
18歳まで引き下げられ、投票日翌日の7月11日までに
18歳の誕生日を迎える人が対象。

期日前投票は、実際に票を投じた日の年齢が
基準とされるため不可能だが、不在者投票は可能。

室谷さんは投票日に用事があり、両親と相談して
不在者投票すると決めた。25日夕、市役所を訪れ、
投票用紙に1票ずつ記入した。

室谷さんは投開票日に誕生日を迎えることに
「少しラッキーだった」とコメント。
新聞などで立候補者について調べたといい
「当選者は、将来を見据えた政治をしてほしい」と期待を込めた。

                        引用元 毎日新聞全国版

9.jpg


こんなケース、全国に☆の数ほどあるんちゃうのん?。
7月11日に誕生日を迎える18歳いっぱいおるで。

で、期日前投票はバツだが、不在者投票はOKっちゅーのも
よくわからない。どっちも期日前に投票してるんちゃうのん?。

まぁ今回、イヤでも投票率あがるやろ?。
ここまでやって前回と同様、前回より数ポイント上昇程度では
国民は納得しないよ。

次回の選挙にはさらに投票年齢を15歳ぐらいまで
引き下げないといけなくなるよ。

これだけアッピ~ルして税金使い、ポスター作りぃの、
近商ストアに貼り出しぃのしてるんだ。
最高のステージを見せてくれるに違いないぜ!。
nice!(43) 

めでたいでんしゃに乗ってオフ会に!その10の巻 [名物さんご紹介]

さて、何事もなかったかのようにつづいている。

小雨そぼ降る中、我々は軽く道に迷っている。
とりあえず歩いている。
歩いていたら、どこかで何かに出会うだろうという、
よく言えば偶然の出会いを楽しむ、
正直に言えば、計画性がないという・・・。

せっかくクーちゃんママが四次元ポケットから
取り出してくれた観光マップも完全に役に立っているとは言い難い。
大体、このマップも適当に番号が振ってあるだけで、
詳細な地図ではない。
なんとなく、この辺にこれがあるよ程度のものである。

途中のせんべい屋の店先で道を尋ねようとするが、
いきなりブツブツと文句を言われはじめる。

まぁ、この気持ちも分からんでもない。
町おこしや村おこしなどと若いモンたちが色々と勝手にはじめて、
なんやかんやと人が増えだし、「旅の恥はかき捨て」…のように、
マナーの悪い観光客も少なくはない。
友ヶ島も放置されたゴミが散乱している場所もある。

店なのに買い物もせず、道だけ尋ねられる。
それも10件、20件と続いたらどうだろうか?。
そら、文句も出るで正直。・・・と、しとこう。

で、我々は適当に坂を登っていくと
なにやら妖気が漂ってきた・・・。

ボクの妖怪アンテナはバリ3である。

この場所は・・・ヤバイ・・・。瞬時にそう感じた。

隊員のひとりが叫んだ。

「なに?これ?!あ、井戸ですよ!」。

???井戸がどうした???。

もう誰も、青山実花さんを止められない。

何かが彼女に取り憑いた!。

50921_e821d3.jpg

「貞子ですよ!」。

5メートルほど後ずさりして遠目に見ているかーかさん

普通の観光客なはつみさん、クーちゃんママ


かーかさんとともに少し離れた場所から、
「なにを言うとんねん?」と冷ややかに見ているボク。

重要文化財に指定され・・・る予定の古井戸の封印を解き、
無言で古井戸のフタを開ける青山実花さん
確実に何かに呼ばれている・・・!。


「わー・・・井戸だぁー」。
「わー・・・井戸だぁー」。・・・繰り返している・・・。

遠くから尋ねてみる。
「青山さん、そんなにいい井戸ですかぁ?」。

いい井戸です!」。即答。

「え~、井戸にいい井戸とか悪い井戸とかあるんスかぁ?」。
さらに聞く。

P6260001.JPG

「これは間違いなく、
     いい井戸ですっ!」。


もう、誰も止めてくれるな。

「貞子出そう~~~~~」。
・・・なんかほほ笑んでる・・・。

「え~っ?貞子いますかぁ~?」。ボクが遠くから問う。

貞子JPG0078.jpg

「なんだかいっぱいいます!」。

  ウソつけっ!。

この時点でボクは気づくべきでした。
青山実花さんが関西人のウイルスに侵されはじめた事を…。

「裏・市長さんっ!裏・市長さんっ!」。
井戸を覗きこみながら叫ぶ青山実花さん

100円でもくれるのかと期待しましたが、
続く言葉は・・・「石っ!」。

はぁ?!。
とりあえず無視する事にしましたが、
しつこく「石~」と石を求めています。

どうやら井戸に落として深さを実感したい模様・・・。

陰でかーかさんに「お前が落ちとけっちゅーねん!」と、
つぶやいておりましたが、まだ「石」と叫んでおられましたので、
仕方なく周辺を探しましたところ(探すなよ)、
やはり、皆さん石を落とすのか、「小石」がないのね。
岩石しかない。

さすがに将来、重要文化財に指定され・・・る予定の古井戸に
岩石を投げ込む訳にも行かず、我々はその場を後にする事にした。

「わたし、この井戸なら一日中、眺めていられますよ…」。

この時点でボクたちは、
青山実花さんをここに放置していくべきでした…。


3一休1.jpg


その頃、引率のはつみ先生は忙しく、友ヶ島組と
まるたろうさんに連絡を取りつつ歩き続けていた。

そして再び、まるたろうさんに合流。
ここでボクのハーレム天国は終わりを告げた・・・。

っちゅーか、ハーレムだったという事を後で指摘されて気が付いた。
その時、教えてくれよ!かーかさん

                                  まだ、つづく。
nice!(45) 

逮捕・女優、高島礼子さんの夫はヒモの中のヒモ!の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

覚せい剤を使った罪に問われた39歳の男に対し、
奈良地方裁判所葛城支部が、懲役1年6か月の実刑とした上で
このうち4か月の執行を猶予する判決を言い渡していたことが
関係者への取材で分かりました。

刑の一部の執行を猶予する判決は県内では初めてです。

この裁判は、ことし4月、王寺町の39歳のトラック運転手の男が
自宅で覚せい剤を使ったとして覚せい剤取締法違反の罪に
問われたもので、検察は懲役2年を求刑していました。

男は4年前にも覚せい剤取締法違反の罪で執行猶予のついた
有罪判決を受けています。
今月13日に開かれた裁判で、奈良地方裁判所葛城支部の
五十嵐常之裁判官は、「被告には、覚せい剤への依存性がある。
同じような犯罪を犯す傾向が認められ、刑事責任を軽視できない」
と指摘しました。

その上で、「依存症からの回復を目指して治療を受け、
2度と覚せい剤を使用しないと表明し、反省している」と述べ、
懲役1年6か月の実刑とした上で、このうち4か月の執行を
2年間猶予し、保護観察をつける判決を言い渡しました。

刑の一部の執行を猶予する制度は受刑者を早く社会に戻して
立ち直りを促すため、今月から導入され、
奈良地方裁判所によりますと、県内での適用は初めてだということです。

                         引用元 NHK奈良(画像とも)
死刑.jpg


おい、金田逮捕されたぞ!。
2死刑.jpg


実にタイムリー!。「女優、高島礼子さんの夫」が、
逮捕されました。

「元・俳優」、「高島礼子さんの夫」としか、
報道されない書かれるところに哀愁を感じます・・・。

見事なまでの
ヒモっぷりを見せつける!。


ここまで「オンナのヒモ」を体現する男もめずらしい。

アンタ、親の介護のために俳優業引退したんじゃなかったか?。
それがなんで、ホステスと一緒に覚醒剤・大麻のコラボで捕まってんだ?。

覚醒剤はやめられない。
ヒモ体質もやめられない。
また、ヒモを育成するオンナがいるのも始末に悪い。

投資する価値のある男なら、誰もなにも言わないだろう。
世間もヒモ呼ばわりしないだろう。

ボクをヒモにして頂けるスポンサー、募集してます。
きっとすばらしいヒモになってみせます。
世間に自慢できるヒモに・・・。
13uploaded.jpg

nice!(81) 

めでたいでんしゃに乗ってオフ会に!その9の巻 [名物さんご紹介]

え?まだやってるの?!。

そう、まだやってるのよ!和歌山編レポート。
やっぱりはじめたからには完結まで行きたいじゃない?。
果たして完結でけるのか?オレ?!。


淡島神社で謎のスタンプを発見したクーちゃんママ

「これ、絶対ワンコの足跡だよね?」。

・・・なんだか、ゾウリムシみたいなマークに見えるが・・・。

クーちゃんママがキョロキョロしているぞ。
どうやら「紙」を探している。
どうやっても、このハンコが犬の足跡だと証明したいようだ。

そこへ紙を提供してくれたのが、身知らぬ観光客のお母さん。
おもむろにスタンプる、クーちゃんママ!。

現れたのは、「よしむねくん」だかなんだかのチョンマゲキャラ。

「なーんだ、ワンコと違うやん」。

途端に興味を失くすクーちゃんママ!。

誰も犬だなんてひとことも言ってない!。
勝手に決め付けて、勝手に押して、勝手に完結するのであった。
P62300011.jpg


犬と花と甘い物とおビール以外には、まったく興味ナシ!。
(会心の作ですが、泣く泣く修正を入れています)。
(リトル・クーちゃんにまで修正するのは過剰自粛だと思います)。

で、そろそろ待ち合わせ場所の駅まであちこち眺めながら、
戻ろうか・・・というハナシになりました。
相変わらず、雨はパラリパラリとしております。

さて、我々は来た道を戻るつもりがなんとなくクリスタル。
なんだか微妙に道に迷っている雰囲気が・・・。

そうだ!。

先ほどスタンプを試し押しした紙は実は観光マップだったのだ!。
さすがはクーちゃんママ!、こんな事もあろうかと…、
は、まったく思っておられなかったご様子ですが、
とにかくこれを頼りに駅へと戻る事に。

淡島神社がゴールなマップなので、
ボクらはゴールからスタートに向けて歩きだしたのです。

先頭を進むのは、はつみさんかーかさん

さすがっス。
青山実花さんにいらぬ解説をいたします。

「はつみさんは下見と下見の下見をしに来てはるから、この辺、顔や」。
「かーかさんは地元、和歌山の人やからね。顔や」。

かーかさんは頼りになるね!。

すると、かーかさんが後ろを振り向き、
「この辺、あんまり
わからないんですぅ」。


まったくアテにならないわね!。

小高い山の上にあるお堂に到着。

ここは、かの有名な「一休さん」が修行したと伝えられるお堂です。
と、クチから出まかせを青山実花さんにブチかまし、
「鐘がゴンと鳴りゃ~♪」と、あの名曲を口ずさむと、
前のほうから・・・、
「♪カラスがかぁ~♪」
P62300022.jpg

・・・またしても、かーかさんが・・・。

彼女は絶妙にオイシイところを持っていきます・・・。

(あ、すいません。修正忘れました)。

お堂の上から、はつみさんにいただいた、よもぎまんじゅうを
かじりながら、庶民たちがせわしなく暮らす下界を見下ろします。
・・・天気が悪く、真っ白です。なにも見えません。

天気が良ければ小豆島。
蜃気楼が出ていればエジプトのピラミッドが見えるそうですが、
この日は右を見ても左を見ても、真っ白じゃあござんせんか・・・。

なぜか道中、和歌山本社のスーパーマーケット・オークワの
テーマソングを合唱していた変わり者が2名ほどいたのを、
ボクは聞き逃さなかった。

はつみさんも「あんたらなぁ…」と、クチをあんぐりだ。

これは青山実花さんが悪い。

「スーパーオークワにはテーマソングがある」という、
70へぇのトリビアを「ホントですかぁ?」と信じないからである。
P6230002.JPG

ねぇ、かーかさん
(すいません、修正がズレました)。

雨がそぼ降る中、一行は進む。
ある者は傘をさし(用意ええなぁ)。
ある者は帽子を被り(用意ええなぁ)。
ある者はスーパーの買い物袋を被り(ある意味、用意ええなぁ)。

問題の古井戸はもうすぐ、目の前にある危機!。

                                つづく。
nice!(70)