So-net無料ブログ作成

高田商業高校に差し入れ!軽トラック1台分のおいなりさん!の巻 [市内の出来事]

センバツ選考委で、高田商の23年ぶりの出場が決まった
1月27日。

大和高田市のグラウンドには、OBや保護者だけでなく
多くの地域住民が訪れ、ナインを祝福した。
それから2週間余り。

マネジャーの今西優莉さん(2年)は
「声を掛けてくれる方がどんどん増えている。
励みになります」と笑う。

大和高田は古くから繊維産業で栄えた商都。
市立校の高田商は1954年、
「地元経済の担い手を」という
地元の熱意で創立された歴史を持つ。


甲子園への初出場は62年センバツ。
当時の主将、高木隆治さん(72)=葛城市=は
「本当にお祭りみたいだった」と振り返る。

グラウンドに向かう途中も声が掛かり、
練習を見に来る人が絶えない。
試合のアルプス席は高田から駆け付けた応援客で満員。
「うれしかった。
でも地に足が着かずふわふわして」と懐かしむ。


55年後の今年、地元の若者たちがもたらした朗報に
街は祝賀ムードにあふれている。
市役所や商店街などあちこちに出場を祝う幕が懸かる。


地元企業の大和ガスも本社社屋に懸垂幕を掲げている。
同社の担当者は「本当にめでたいこと」と話す。

社会人野球チーム「大和高田クラブ」は同社を中心に97年に発足し、
2001~02年、11年に全日本クラブ野球選手権を制した強豪。
高田商のOBもクラブを支えてきた。

野球部で親しまれている高齢男性がいる。
公式戦には応援に駆け付け、
食べ物や飲み物を毎月差し入れている。
センバツ決定日は花束、翌日には軽トラックに満載した
いなりずしやカップ麺を届けた。「喜んでもらいたいだけ」と男性。

青山圭一部長は「なかなかお礼も言えなくて……」と感謝する。

山崎智也選手(2年)は「応援してくださる人のためにも
甲子園で恥じない試合をしたい」と語る。センバツ開幕は3月19日。
多くの人々の思いを乗せ、ナインは夢の舞台へ飛躍する。

                  引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
                  撮影 日向梓キャメラマン
9.jpg


55年前のOB、主将が現在も健在で葛城地域に
暮らしていらっしゃる(!)ということからも、
高田商業高校の由緒正しき歴史がわかっていただけよう。

別にそれが悪いと言うんじゃないが、
全国各地から強ぇぇヤツらが集まった!んではない。
(強い場所、有名なところに人が集まるのは当然。
ふるさと納税と同じ。返礼のいい物、高価な物があるところに、
どうせなら納税したいよね)。

高田商業高校は、
「アパッチ野球軍」のように田舎モンの集まりだ!(失礼)。

「キャプテン」のように普通の少年たちが、
すき焼き目当てに集まってきただけなんだ。
(年に3~4回は食わせてやれよ)。

…もう、褒めてるんだかけなしてるんだか、
分からなくなってきた・・・。

それにしても軽トラック1台の「いなりずし」って、
迷惑行為に近くないか・・・?。


nice!(77) 

第89回選抜高校野球 高田商業高校に選抜旗届く!の巻 [市内の出来事]

3月19日に阪神甲子園球場で開幕する
第89回選抜高校野球大会に出場する高田商(大和高田市)に
2月27日、センバツ旗が授与された。

グラウンドでは約500人の生徒が人文字で
「祝センバツ高田商」とかたどり、選手を激励した。

9.jpg

毎日新聞本社特命ヘリから幾島健太郎キャメラマン撮影


授与式では野原靖・毎日新聞奈良支局長が
桜井重宏校長にセンバツ旗を渡し、大久保拓海主将(2年)が
笑顔で桜井校長から受け取った。

野原支局長は「昨秋の近畿大会では甲子園の常連チームと
互角の力が評価された。甲子園ではけがのないよう
全力で戦ってほしい」と丸山昌宏・毎日新聞社長の
メッセージを代読した。

県高野連の東英樹副会長は
「生徒の皆さんはアルプスから大声援を送り続けて」
と呼び掛け、桜井校長は「23年ぶりの出場で
多くの方から支援してもらっている。
先輩から受け継いだ伝統と誇りを胸に
全力プレーを」とエールを送った。


大久保主将は「たくさんの方からの支えで、
ここに立たせてもらっている。
甲子園では1回でも多く勝てるよう頑張る」と表情を引き締めた。


新聞販売所でつくる毎日新聞奈良三重専売会の桐山政
孝会長から練習球30ダース、
毎日新聞社からポカリスエット5ケースなどが贈られた。

                引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
                撮影 日向梓キャメラマン

9.jpg

(手前、多分櫻井校長・・・)。


と、いう訳で早くも3月。
あっという間に過ぎ去った2月・・・。
まだ昨日までは2月だったのにね・・・。

さて、とりあえずは目の前の
確定申告を済ませてしまわないと、ボクに春がやって来ない。

毎年毎年、よくもまぁ飽きずにこれだけ
貯め込めるもんだ。毎日少しずつでもやっておけば…と、
この季節に感じるはすでに風物詩。

3月はイベント目白押し!。
この場で発表できる事、出来ない事、
発表してたまるか!な事など、また皆様に
お聞き頂きたいと考えている3月初頭の新たな誓い。

さぁ、本日もがんばりましょう、儲けましょう!。
nice!(44)