So-net無料ブログ作成
検索選択

夢の掃除機ルンバが税込580円で買えるシアワセの巻 [市長からの有難いお言葉]

おいっ!チー坊!。


と、朝一番から石立鉄男さんの声で読んでいただきたい
ほどの赤い衝撃的な出来事が起こった!。

あの誰もが夢見る全自動お掃除ロボット、
「ルンバ」が580円(税込)で買える!という。

早速、ワタシは大和高田市内の希少な書店、
マツモト書店に出向く。


ルンバを買いにタンバでタンゴのダンサーが本屋になぜだ?。
P3070001.JPG

あったはっ!。

実際のレポは、YUTAじいさんのところが詳しいYO!。

なに?「プリプリちぃちゃん」テレビアニメ記念か?!。

・・・すまん!まったく知らん。
いや、この齢で知ってる方が怖いか・・・。
P3070002.JPG

激カワやなぁっ!!。

なんせ、名前がいい。
「ちぃちゃん」やで、「ちぃちゃん」。

ちぃちゃんに掃除させるんやで!。こきつかってエエんやで。


P3070003.JPG


雑誌のふろくもここまで来たか・・・という感じですが、
モノや障害物に当たると方向転換して、吸引を続けるという。
この「ミステリー機能」自体は、70年代からおもちゃに
組み込まれていたりするけれど、
「雑誌のふろく」というのがいい。そして名前がいい。

実際の吸引力としては、ケシゴムのカシュを
60%ぐらい吸いこんだら、合格…ってな具合らしい。

でも、それでいい。

昭和の時代って、子ども向けのなりきり玩具、流行ったよね。
実際にハンケチが洗えるママ洗濯機とか、
ホットケーキ(一口大)が本当に焼けるママレンジとか、
ママソープランドとか色々・・・。(ひと言多い)。

この、なんちゃってだけど実際に使えるってのミソ。
500円玉が吸いこめなくてもいい。

OLさんなんか、オヒスの机の上なんかで走らせたら、
一週間ぐらいは社内の話題を独占できるんじゃないかな?。

野郎が使ってると後ろ指、指されるんじゃないかな?。
なんせ、名前がいい。

繰り返すけど、YUTAじいさんのところが詳しいYO!。

13266646_645534305598046_1371499664_a.jpg

ワシらの事務所でも、
ぶんぶん走らせてまっせ。正直。

nice!(74)