So-net無料ブログ作成

図書館で調べ隊・わったーらんどで綿を学ぶ参加者募集中の巻 [市内の出来事]

大和高田市の地場産業への理解を深めてもらおうと
大和高田市立図書館が、地元特産の綿をテーマに学ぶ
「図書館で調べ隊」の隊員を募集している。参加無料。


綿を栽培する同市大中の畑「わったーらんど」を活動の場に、
3回シリーズで開催。
今月22日に種植え、7月23日には草抜きや観察など、
9月16日には綿の実の「コットンボール」の
収穫をそれぞれ予定している。

同市や周辺では江戸時代から木綿作りが行われ、
現在でも繊維産業が盛ん。
地元の綿を使った製品が「奈良さくらコットン」
ブランドで販売されている。


対象は小学生50人(低学年は保護者同伴)。
同図書館(0745・52・3424)で申し込みを受け付けている。

                      引用元 毎日新聞奈良版


てなワケで、今月のランチパックはコレ!と、
言わんばかりに、「大和高田市と言えばコレ!」。

と覚えていただけるよう、今チカラを入れているのが、
「綿の栽培」。身ぐるみ剥がし隊のボスにあらず、
フワフワのわたさん。

まァ、大和高田市と言えば、季節の変わり目に(もうすぐ登場)
顔を見せるピー岡田氏、歌姫・青山テルテルテルコさん、
不正が発覚してもクビにならない市会議員など
人材は豊富、タマ数はあるのだが、
どうもそれが分散してしまっている。持続性がない。推しが弱い。
PC271100.JPG

ここらでガツンといっとかなアカンな!。正味のハナシ。
nice!(60)