So-net無料ブログ作成

大和高田市ビブリオバトル!優勝は「君の名は。」の巻 [市内の出来事]

「子ども読書の日」の4月23日、
「めざせ!チャンプ!!ビブリオバトル小学生大会」が、
大和高田市西町の市立図書館で開かれ、
市内の小学3年生2人が、
それぞれ選んだ本について意見を発表した。


「ぼくの、わたしのすきな本」をテーマに、
子供たちに本を読んでもらおうと昨年に続いて2回目の開催。

北川明日香さん(8)が「一夜姫事件」(藤野恵美作)を、
増田美月さん(8)が「君の名は。」(新海誠作)を取り上げ、
内容の紹介などをした。

増田さんは「思いの力はすごいと感じた」と話し、
北川さんは会場からの「何回読んでもどきどきしますか」との
質問に、「何回も楽しめます」と答えていた。


投票の結果、参加者が読みたいと思う本を選ぶ
「チャンプ本」は、小差で「君の名は。」に決まった。

北川さんには図書館館長賞が贈られた。

              引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
              撮影 藤原弘記者
9.jpg


まだまだ「君の名は。」旋風、吹き荒れてるな!。
こんな田舎町にさえ。

ワタクシのように戦前生まれだと「君の名は」と問われたら、
マチコとハルキ・・・になってしまうが、
これからは、この作品がスタンダードになるのであろう。


さて世間的にはゴールデンウイーク。
連休中も働く人々の恨みと呪いと妬みを
背中に受けながら、どうかエンジョイしてください。

勤労青年、勤労婦女子の方々、ご苦労さまです!。
あなた方の尊い犠牲の上に、
この国の経済は動いているのです。
歯車だなどと自暴自棄にならず、自信を持って
働いてください。馬車犬のように・・・。それでは!。
nice!(71)