So-net無料ブログ作成

奈良県天理市・瀧川奈緒哉(24)娘を虐待死!全部ストレスのせいの巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

奈良県天理市櫟本町の工員、瀧川奈緒哉(24)(滝川奈緒哉)
(奈良県立二階堂高等学校卒)は、
去年12月、自宅のアパートの部屋で、長女で生後5か月の
詩央里ちゃんの体を激しく揺さぶり、
頭を壁に打ちつけるなどして死なせたとして、
6月8日、傷害致死の疑いで逮捕されました。
takigawa1-300x216.jpg


警察の調べに対し容疑を認め、
「ストレスがたまっていた」と供述しているということで、
警察は、9日午後、身柄を奈良地方検察庁に送りました。

瀧川容疑者の自宅には事件の前の去年11月、
天理市の職員が子育て状況を把握するために、
訪問していましたが、市によりますと
家庭に変わった様子は見られず、近所の人などから
虐待が疑われるような情報も
寄せられていなかったということです。

                       引用元 NHK奈良
takigawa.jpg
 

ここで奈良県を代表する美人医師、
住田真理子先生(仮名)にコメントを頂きましょう。










て言うかさー、5カ月の子供をさー、
部屋の壁に頭を打ち付けて医学的に言うならば、
急性硬膜下血腫による脳浮腫で殺しちゃってるんだよねー。

なーにーが、ストレスなんだか、
こっちゃー子殺しのオメェにストレス感じちゃってるんだよ!。

こーゆーのってさ、繰り返すんだよね。
もう一生、治んない。処置なし。医者もサジ投げるってヤツ。

同じ方法で処刑が望ましいよね。
壁にブチ当てて、脳みそシェイク!。これ正論。

今、ちょっとウチ、出勤できねくてヒマしてっから、
実践してやろうかー?んじゃ、チョベリバー!。


nice!(40) 

高田が誇る画家・野沢寛先生の作品展が大和高田図書館での巻 [市内の出来事]

大和高田市の市制70周年を記念し、
地元出身の洋画家、故野沢寛さん(2001年に死去)が
描いた市内の風景のスケッチを写真で紹介する
「野沢寛画伯『高田スケッチ集』展」が、
大和高田市西町の市立図書館で開かれている。
7月5日までで、入場無料。


野沢さんは同市生まれで東光会審査員や
高田美術協会会長、県展審査員、
高田洋画会展創立委員などを務めた。

展示は、同市のまちづくりグループ「夢咲塾」が
同図書館との共催で、
まちの景観を市民らに見直してもらおうと企画した。


会場には、専立寺(同市内本町)を1961年に描いた
風景画1点と、天神社(同市三和町)や
馬冷池公園(同市本郷町)など市内16カ所を
スケッチした作品の写真の計17点を展示。

二上山が遠景に描かれたものもあり、印象的。

現在の同じ場所を撮影した写真も添え、
景観の変化が分かるようになっている。

           引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
           撮影 藤原弘キャメラマン

9.jpg


ここで奈良県を代表する美人医師、
住田真理子先生(仮名)にコメントを頂きましょう。

まりこ3.jpg

え?作品そのものの展示ではなくて、作品を撮影した
写真の展示なの?。なんかそれって、写真集ながめてんのと
変わんないカンジじゃん?。

やっぱさー、ホンモノの迫力ってあるよねー。
手術だってさ、テレビで見るのと、
実際、切るのとではライブ感がダンチよ!ダンチ!。

次回はぜひ、ホンモノ、見せてねー。チョベリバー!。

nice!(26) 

魔の国道165号!大和高田市神楽で交通死亡事故の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

6月8日午後7時55分頃、大和高田市神楽1の
国道165号で歩いて横断中の大和高田市築山、
無職の長畑ハツエさん(86)が乗用車にはねられ、
運ばれた病院で死亡が確認された。

高田署は車を運転していた大和高田市南今里町、
大工の谷向邦紀(48)を過失致傷の疑いで
現行犯逮捕し、容疑を過失致死に切り替えて捜査している。

             引用元 毎日新聞奈良版(一部補足)

日が死.jpg

今年に入り、奈良県内では22番目の交通事故死亡者
だそうだ。これには事故にあって入院、1カ月後に死亡…
などという時間差被害者は含まれていない。

あの神楽のオークワの前あたりの道路は鬼門やな。
皆、横断歩道なんか渡らんからな。
好きな場所を好きな時に渡るからな。

で、道路が中途半端に広いため、
高齢者は渡る途中でご休憩に入るからな。

本当に事故多発地帯なのである。
早急に対策が必要と思われるが30年ぐらい放置だ。

その間にも高齢者がどんどん撥ねられていく・・・。

運転者も神楽に入ったら気をつけなければならない・・・。
nice!(43)