So-net無料ブログ作成
検索選択

大和高田市 馬冷池公園で子ども灯籠会開催されるの巻 [市内の出来事]

大和高田市内の子供たちがペットボトルを使って
作った灯籠(とうろう)に灯をともす「子ども夢街道」が
7月29日、大和高田市本郷町の馬冷池公園で開かれ、
赤や青、黄色などの光が夜景を彩った。


市PTA協議会が企画し、市内の小学校、幼稚園、
こども園の計14校園の子供たちが制作。

今年のテーマは「Let’s have fun-さあ楽しもう」で、
子供たちはペットボトルに色鮮やかなセロハン紙や
絵を描いた紙を巻き付けるなどした。

「夏休みに楽しみにしていること」をテーマに
子供たちが絵を描いた小学校もあった。

市も参加し、市制70周年を記念して「70」などの
形に灯籠を置いた。

会場では、東日本大震災の復興支援のため、
市内の中学と高校計4校の生徒会メンバーらが
募金活動をした。

          引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
          撮影 藤原弘記者

9.jpg


ペットボトルとは思えない幻想さ!。

よくスーパーの店頭で、ペットボトルや食品トレーなどを
地球環境のため・・・と回収してるけど、
ほとんどがペットボトルに再生、再利用されずに、
「燃やされてる」らしいぞ。

そらそうやろ。

回収しても、皆が皆、綺麗に洗ってキャップや
外装を外して・・・るワケない!。

まず人の手で選別しなけりゃならない。

ここまで手間をかけるより新しいペットボトルを作る方が
安上がりですもの!。

すべて再利用されるようになれば、
ペットボトルを製造してる業者はどうすればいいの?。
新庄にもペットボトルのキャップを製造してるところが
あるけれど、その人々は全部クビをつらなきゃならない。

もう、回収はやめよう。

ぜんぶ灯籠にして、中にイヤなものを詰めて
北朝鮮に向けて流してやろう!。
ボクらが出来る北朝鮮への制裁だ。
国がやらなきゃ、ボクらがやろう!。
nice!(65)