So-net無料ブログ作成
検索選択

大和高田市にオーストラリアからリズモー市長上陸!の巻 [市内の出来事]

オーストラリア・リズモー市のアイザック・スミス市長らの
一行が8月13日、姉妹都市・大和高田市の
市民交流センター(コスモスプラザ)で開かれた
文化活動団体との交流会に参加し、親睦を深めた。


昨年9月就任のスミス市長は初来日で、
今月8~10日に長崎で開かれた「平和首長会議」総会に
出席後、大和高田を訪れた。日本には8月17日まで滞在する。


交流会では「白拍子舞伝承塾」の塾生による白拍子舞などが
披露され、市内で練習するよさこい踊りグループ
「京都山城みつば家」奈良支部のステージでは、
スミス市長らが一緒に踊る場面もあった。


スミス市長は「(大和高田の)地元の文化に触れることができ、
喜ばしい。(平和首長会議総会では)心動かされる機会をもらった。
被爆者から聞いた話を将来の平和につなげていきたい」と語った。

                  引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
                  撮影 藤原弘記者
9.jpg

酒池肉林!サバト!。

正直やな!リズモー市長。
心動かされた!  (平和首長会議総会では)

そら、「ついで」に立ち寄ったのはわかるが、
大和高田市民どもに歓迎されて、うまいモン食わせてもろて、
感動した!心動いた!ぐらい言えばいいのに。
それがオトナやろ?リップサービスいうもんや。

感謝の気持ちが足らんねん。
心入れ替えるまで二度と来んな。
nice!(64) 

上原多香子にTENNさん間接殺害容疑で立件か?の巻 [社会派]

今、SPEEDが再び熱い!!。
41H01TWFJ4L-300x266.jpg

90年代、彼女らが登場した際、
奈良県住まいのボクらの間で素敵なあだ名が
プレゼントされ、声援を送った。

エリコ=シャクレ
ヒトエ=ジャマイカ
タカコ=タカコ
ヒロコ=○○○  ←民族的差別名称なので書けない…。

タカコだけが見た目、まぁちょっとマトモなので、
「タカコ」とそのまま呼ばれていた。
我々は一体、何様なのだろう。

だが、そのタカコもまともではなかった。

今や、ベッキーすら暗黒星雲の彼方へブッ飛んで
かすませるほどの悪っぷりを発揮!。
旦那殺し(間接的に)の汚名まで頂く、
稀代のノータリン女として芸能史にその名を残す事となった。


事の発端は、ET-KINGのTENNさんが、
2014年9月25日、自宅マンション駐車場の
自家用車座席で首をつって自殺しているのが発見される。

8d7bf87b.jpg

前夜から連絡が取れないTENNを上原多香子が
午前6時25分に発見。
連絡を受けた大阪の親族が7時25分に警察に通報。
(この空白はなんなのだろう・・・)。


当初、自殺の原因はTENNさんとタカコの収入格差と
言われた。月収4万円とか・・・。(えっ?!)。

だが、その真実は・・・、

タカコのスマホに永久保存されていた、
03a1a1cf-225x300.jpg

こんな写真や、あんな写真、
あんなラインや、こんなラインをTENNが盗み見して、
それを自分のスマホに永久保存。

これにショックを受け、

多香子へ/ありがとう そして さようなら
子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。

幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから
許してください。
僕の分まで幸せになってください。

きっと阿部力となら乗りこえられると思います。
次は裏切ったらあかんよ。
お酒は少しひかえないとあかんよ。
嘘はついたらあかんよ。

多分、僕の事を恨むでしょう? 
でもいつかは許してくださいね
最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。

これが、未来を考えた時の僕のベストです。
ワガママを許してください。
いつか忘れる日が来るよ。
きっと大丈夫 今から大変だろうけど
がんばって トントンとお幸せに
車は開けないで 警察を呼んでください。

2cb07f5f1d05a0a49cc53e113e454918-300x241.png

(この人、トントン。…お、カッコいい)。


で、夫を自殺に追いやったタカコはトントンと破局。
なんせトントンは妻子持ち。

で、今回、TEENの遺族を怒らせて世間に暴露される
起爆剤となったのが、新たなターゲット、コウカズヤ。
2017052602-4-300x240.jpg


フライデーに写真が掲載される事が判明し、
慌てたタカコが、コウと入籍したいんで、
TEENの籍抜くね、と遺族に連絡。TENN遺族怒る。(NEW)。

全部、女性セブンに売られる。
49be735e-231x300.jpg

(自転車、というのが貧乏臭くて親近感あるね)。

で、肝心のタカコは心労のため、
無期限活動停止に突入。
旦那が死んでも休まなかったオンナが、
色々バレたら途端に心労でダウン!逃亡!。


どうなんだろうな。
登場人物、全員すばらしい人格の持ち主やな。

もちろん、タカコが元凶ではあるが、
嫁のスマホを盗み見て、証拠を保存し、
ここまで恨みがましい遺書をのこして自殺しちゃう人。

妻子持ちで旦那殺し(の容疑)の原因を作りながら、
中国でしあわせに暮らす、阿部力ことチンチン。

で、貧乏臭せぇ自転車通勤の演出家。


今は「自殺」を「自死」などと言い変えて、
故人の名誉を守るとかふじゃけた風潮が流行りだが、
「自殺」は「自殺」以外の何ものでもない。

いくら言葉を置き換えても、他人に与える迷惑、
遺された者に与える衝撃は同じである。

こーゆー事を書くと、不謹慎だとか、
死者を冒涜してるとか、その人間の気持ちも
わからないクセに・・・と非難を浴びるのが世の常だが、
死ねる者はいいな。

自分で自分の最後を決められるんだから。

世の中には自分の意志では死ぬ事すら許されない
環境の者だっている。

いいなぁ、この世から永久逃亡できる人は。


nice!(40) 

訳のわからんブログ更新12年目に幕の巻 [名物さんご紹介]

4000日以上にわたって同じ場所にある
自動販売機の様子をひたすら観察し続けた
謎のブログ、
「私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。こめんなさい。」が、
開設12周年を目前に「とりあえず」、更新終了となった。


終了の理由は、観察対象だった自販機が撤去されたため。

2005年のブログ開設以降、同じ自販機の写真ばかりを
ほぼ毎日公開し続けてきた。
これまでに公開した記事の総数は3000本以上に及ぶ。

ブログがスタートしたのは2005年8月5日で、
更新終了は開設12周年を迎える目前のことだった。

このブログの運営者が観察していたのは、
札幌市内にある焼肉屋の店先にある自販機だ。

約12年、ほぼ毎日のように自販機の元に通い、
写真を撮影してブログに掲載。
商品ラインナップや本体に張り出された広告が
入れ替わると、その「変化」を詳細に伝えていた。


とはいえ、もちろん自販機の様子が頻繁に
変化するわけはなく、投稿されたブログ記事の題名は
ほとんどが「変化なし」。

全3183本の記事のうち、「変化」というカテゴリに
分類された記事はたった139本だった。

12年に及ぶ観察の過程では、大きな出来事も
数回あったようだ。まず、開設から4年ほど経った
09年8月7日に、自販機本体の入れ替えがあった。
この時の変化について、ブログ運営者は翌日の記事で、
「Edy対応になった、取り出し口が下がった、
鍵が厳重になった、アンテナが見えなくなった、
値段が見やすくなった」と報告。

しかし、なぜ自販機を観察し始めたのだろうか。

その理由を、ブログ開設から3年を迎えた
08年8月4日の記事で、運営者本人が
次のように明かしている。


「妹の一周忌に彼女が好きだった『馬鹿馬鹿しくて
無意味なもの』を何か作ってみようと思いつき、
その翌日2005年8月5日から記録を始めたのが、
このブログを作ったきっかけです」。

また09年8月5日の記事では、「この間抜けなブログが
なんと4年も続きました」として、
「妹もあちらで呆れてることでしょう」との思いをつづっていた。

                      引用元 J-CASTニュース
news_20170815143332-thumb-512x512-119230.jpg

ばかばかしい。

と、これは最大の賛辞。

よくもまぁ、12年も自動販売機「だけ」を
記録し続けたもんだ。
バカバカシさもここまで続けられたら、それはもう「偉業」。

思えば、ボクがブログをはじめた当初、
「これはいったい…何の意味があって
更新しているのだろう…」と思えるものがいくつかあった。

失礼ながら。

でも、今グルッと見渡しても、まともな(失礼)人ばっかりや。
記録系だったり、闘病系だったり、歴史系だったり、
みんな誰かの役に立ってそうな常識人ばかりになってる。

これは無茶しやがる若年層が、
ツイッターやインスタなんかにその住み家を変えて、
ブログサービスというものが、よい意味で高齢化
しているのもひとつの原因かもしれない。

なんにしても、(ボクを含めて)、
この記事の更新に意味はあるのかい?と問いかけたくなる
訳わかんねー(繰り返すが褒め言葉)ブログがひとつ消えた…。
nice!(30)