So-net無料ブログ作成

大和高田市役所・永原孝宣&増田広康さん、ダブル課長をダブル処分!の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

大和高田市は8月18日、委任状を持たない代理人に
住民票の写しを交付したなどとして、
永原孝宣・市民課長と
前市民課長の増田広康・企画広報課長を
同日付で減給10分の1(3カ月)の
懲戒処分にしたと発表した。


市によると、永原課長は7月11日、
市内の男性(40)の代理人として市役所に申請に来た
橿原市の中古車販売業者に、本人の委任状なしに
印鑑登録証だけで住民票の写しを交付した。

また、増田課長は市民課長だった昨年11月、
印鑑登録証明書の発行申請のために来庁し、
委任状の代わりに印鑑登録証で住民票の写しを
発行できるよう求めた業者に応じることを約束。

永原課長はこの約束に基づいて写しを交付したという。

市は、現時点で写しの悪用などはなかったとしている。

                  引用元 毎日新聞奈良版
PC271088.JPG


今回は仕事が早いな!。

市会議員の悪さなどには寛容だが、
今回に限ってはスピード処分やな!。違反で捕まるほど早い。

さらに「実名公表」。

え~~~~~?!なにコノ差は。
これはちょっとひどいのではなかろうか?。

PC271087.JPG

「悪用はなかった」。

そら「あった」とは言わんわな。

PC250978.JPG

…うふふ…。
nice!(62)