So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良県天理市・並河健市長、風俗店の愛用をなぜか謝罪するの巻 [社会派]

天理市の並河健市長(38)が公務出張中に
派遣型風俗店を利用したとする記事を、
8月31日発売の週刊新潮が掲載した。

同日、市役所で会見した並河市長は
「市民や市職員、家族の信頼を傷つける行動を
とってしまったと深く反省しています」と謝罪した。


週刊新潮は、並河市長が予算の陳情などで
今年2月と6月、東京に出張。
宿泊したホテルに風俗店の女性を呼んだなどと報じた。

並河市長は「公務は、誠実に行った。
合法的なサービスだが、道徳的に適切でなかった」と話した。


並河市長は東大法学部を卒業後、外務省に入省。
電通に勤めた後、2013年の同市長選に無所属で
立候補し、初当選した。

今月24日に告示される市長選に
すでに立候補を表明していた。

会見で「途中で投げ出すことなくしっかりと
取り組んでいきたい」と述べ、
立候補を取りやめない意向を示した。

                      引用元 朝日新聞関西版
img_profile.jpg

ごめ~~ん!。

なぜに市長選挙を目前としたこの時期に、
週刊誌にリークされ、
なぜに謝罪会見をするのだろう。

職業として存在する風俗を利用。
日本の経済に貢献したのだから、
なんら恥ずべきことではない。

むしろ、私は風俗店愛用者として、
世間に誇るべき消費者である。

さらに5.000円という料金を追加で支払い、
特別なサービスまで受ける=購入しているのだ!。

立派だ!天理市長!。
ぜひ、次の選挙にも勝利し、奈良県天理市本番町を創設してくれ!。
AS20170831002245_comm.jpg

nice!(64) 

大和高田市吉井で小学3年生はねられて重体の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

9月1日午後3時半ごろ、奈良県大和高田市吉井の
市道で、自転車に乗った近くの小学3年、西川輝君(9)を
軽乗用車がはねた。西川君は頭などを強く打ち
意識不明の重体。


県警高田署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、
大和高田市根成柿のパート従業員、前川佳世容疑者(43)を
現行犯逮捕した。

同署によると、現場は見通しの良いほぼ直線。
道路脇の空き地から道路に出てきた西川君をはねた。
前川容疑者は同県橿原市の職場から帰宅途中だったという。

                      引用元 産経新聞奈良版
P2150013.JPG

nice!(32) 

奈良県初!流しそうめん専門店がクソ寒くなる時期にオープン!の巻 [名物さんご紹介]

特産の三輪素麺(そうめん)の普及促進を目指す条例が
施行された桜井市の大神(おおみわ)神社(同市三輪)の
参道沿いに、「回転式そうめん流し器」を使った
素麺専門店「三輪そうめん流し」が8月30日に開店した。

開店前の29日に関係者や家族連れらを招待した
プレオープンが開かれ、店内でそうめん流しを味わった。


大神神社がある三輪地区は、1200年余りの歴史と
伝統のある三輪素麺の発祥の地。
近年は「パワースポット」として
年間約600万人の参拝客が訪れている。

9.jpg

店の前に立つのは加藤秀幸さん(48)。

堺市出身で、飲食店などを始めた後、
アパレル・雑貨・飲料などの見本市を手掛けていた。
しかし、今年2月に母親が病気で鹿児島市内の
病院に入院したことに伴い退職した。


鹿児島にいた頃、独自のノズルで4カ所から水が噴射し、
麺をほぐしながら水槽の水を回転させる
「回転式そうめん流し器」を使って素麺を提供する店に入り、
子供からお年寄りまでテーブルを囲んで
楽しそうに味わっているのを見た。

そこで、よりコシの強い三輪素麺を使い、
発祥の地で開業したいと思うようになったという。

店は空き家の古民家を改装し、外観は茶屋風町家仕立て。
素麺は三輪の乾製麺所の素麺を使用し、
流し器7台を導入する。
冬場には、にゅうめんも計画し、
1年を通して味わえるようにしたいという。

営業時間は平日午前10時半~午後3時。
週末や祝日は、平日と同じ時間帯に加え
午後5~9時にも営業する。

              引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
              撮影 山本和良記者
9.jpg

…季節は秋から冬へ…。

もうちょっと、その…なんだな…早い時期に
オープンに漕ぎつけられたら、もっとよかったのにね。

しかし勇者やな!。
この不景気に独立開業するには、
かなりの勇気が必要だと思われる中、
「流しそうめん専門店」でっせ!。

もぉ、年柄年中、流れてまんねんで!。

お近くへお寄りの際は、ぜひその流れっぷりを
ご堪能いただきたいところ・・・。
nice!(35) 

香芝の原田奏子さん、哀れな大和高田市に1万円、恵んでくださるの巻 [市内の出来事]

智弁学園奈良カレッジ小学部5年の
原田奏子さん(10)=香芝市=が8月31日、
大和高田市内で3月に開いたチャリティーコンサートで
寄せられた募金から1万円を同市に寄付した。

市は福祉基金に積み立て、社会福祉に役立てる。


3歳でピアノを始めた原田さんは2年前、
祖母の死を機に「ピアノを聴いて元気になってもらうことで
人の役に立てたら」と初めてチャリティーコンサートを開催。

2回目となる今年3月のコンサートでは、独奏のほか、
バイオリン奏者や香芝中学校吹奏楽部とも共演した。


同市と香芝市、京都大iPS細胞研究基金に総額で
6万5000円を寄付する予定といい、
原田さんは「病気の方や障害を持った人たちに
役立ててもらいたい」と話している。

             引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
             撮影 藤原弘記者

9.jpg



この1万円は尊い。

国が他国へ思いやる予算や、
沖縄がAKB48のイベントに政府予算を、
2.800万円つぎ込むことを考えれば、
なんと重い1万円であろうか。

nice!(29)