So-net無料ブログ作成

「パディントン2」の巻 [名物さんご紹介]

2aa43f36a2abe5d2.jpg
〔2017年/エゲレス/おフランス〕






ハーイ、ワタシは世界的に有名な俳優、
フェニックス・ブキャナンだ。

…誰だ、有名「だった」なんて過去形で語るヤツは?。

今はロンドンのウィンザー・ガーデンで、
細々とローカルタレントとして暮らしている。

だが、これは世を忍ぶ仮の姿だ。
ワタシには、おじいさまが伝え遺した、
一発逆転の秘策がある。
誰もがあっと驚く金銀財宝が、この街に眠っている。

その宝のありかを記した絵本が、世界のどこかにある。
どこかにある…というだけで、どこにあるかがわからない。
それがわかれば苦労はしない。
仮の姿もしてないってワケだ。わかる?。わかるよね?。

ロンドンの街並みを描いた飛び出す絵本。

・・・あぁ、その絵本さえあれば、世界は再び輝き出すだろう…。

ところで最近、ご近所のブラウン家に
クマが住みついているようだ。クマだよ、クマ!。
あの手の平が世界の珍味のクマだ。

この辺の住民はちょっとアタマがいかれっちまってるようだ。

パディントンと名乗る、そのクマはすっかり
この街に馴染んでしまっている。クマだよ?クマ?!。
これには私設この街を守る会、会長のカリーも
ほとほと手を焼いているようだ。

おっと。そんな事にかまっているヒマはない。
なにしろワタシは忙しい。
今日からオープンする移動遊園地で、
オープニングセレモニーの司会を任されている。
ドッグフードのCMに続く、ビッグな仕事が舞い込んだんだ。

そしてこの仕事が、このワタシの運命を変える。
あぁ、神様、おじいさま、ご先祖様ありがとう!。

セレモニーにあのクマ野郎が来てやがった。
しかも、舞台の上でこのワタシをコケにしやがった。
これは許せない、いや、許そうワタシは心が広い。

クマ野郎は、この街にあの「飛び出す絵本」があると、
ワタシに大いなるヒントをくれた。
世界に一冊のあの絵本がすぐ近くに!。

唯一ジャマなのは、あのクマだ。
クマをなんとかしなくちゃクマっちゃう。
オーケー!、世界はワタシを中心に回る。

これからはじまる世界的名優によるオンステージ!、
最後までゆっくりとご覧あれ!。




劇場で観た。1.800円払って観た。
日本語吹き替え版で観た。



これは傑作!老若男女が楽しめる!。


1作目を観ていないのに楽しめる!。
悪党が出て来ない!。
悪そうなヤツは出て来るが、憎めないキャラクターに
仕上げている。安心してお子様にオススメできる逸品。

まったく予備知識なしで挑んだのだが、
(クマが悪さして監獄にブチこまれる…ぐらい)
最後の最後、スクリーンのこっち側では
暗いうちに色々とやることがあって忙しいのに、
声の出演者を見て驚く。


松坂桃李、斎藤工、古田新太、三戸なつめ、
斉藤由貴、パンツ被りのお医者さん?!。


昔は俳優の声優起用というと、宣伝目的であり、
とてもじゃないが、聞いちゃいられないレベルだったのに、
今は違うな!。声優さんの仕事、奪うなよレベルやな!。
違和感なく観ることが出来る。もうべっくり。

これはデーブイデー買って、繰り返し観たい。
前作もまだ観ていないのだけれど・・・。





評価 ★★★★☆
nice!(87)