So-net無料ブログ作成

ローソン大和高田内本町店が2018年3月1日(木)オープン!ポンタが来やがる!の巻 [市内の出来事]

おいっ!ポンタ来るってよ!。


ローソンの新店、内本町店がJR高田駅から
市役所通りに繋がる道端にオープン。
すき家の近くね。

今日、朝10時から駐車場にポンタも来るぞ!。
・・・平日やで…朝やで…。人、来るの?。
大きなお世話だが。

このあたりにコンビニがないので、付近の住民には
助かるな。三倉堂の店舗が閉店してから
ローソン不足だったので、ありがたい限りです。

折り込み広告の引換券に個人情報を書いて持っていくと、
先着でマヨネーズ、もしくはテッスペッパーがもらえるぞ。
オレも行ってくる!。
ponta_img.png

奈良県大和高田市内本町1751番 0745-23-7560

nice!(59) 

大阪民泊・バラバラ殺人 外人男にノコノコついて行ったのは近藤早紀さん(27)の巻 [社会派]

大阪市西成区の民泊施設でバラバラ遺体が
見つかった事件で、被害者の身元は2月中旬から
行方不明だった兵庫県三田市大原町の会社員、
近藤早紀さん(27)と判明した。

英語が堪能で留学も経験し、気さくな性格だった。
「なぜ、こんなことに」。理不尽な形で将来を閉ざされ、
友人や知人らは、悲しみに暮れた。

兵庫県姫路市出身で県内の私立高校と大学を卒業。
2年ほど前に三田市内の現在の会社に転職。

大学時代には海外に留学。英語をよどみなく話し、
会社では幹部の通訳もしていた。
気さくな性格で、自宅に友人を招き、
料理を一緒に食べたり、映画鑑賞会をしたり
することも多かったという。
洋画をいつも字幕なしで見ていたと振り返る。

DXIagc7VMAANvWl.jpg

知人に「知り合いの男性に会いにいかなくては
ならなくなった」と言って2月15日に職場を出た後、
行方不明に。16日未明に携帯電話の電源が切れ、
会社が両親に欠勤の問い合わせをして、
17日に家族が県警に届け出ていた。


容疑者は米国籍の男だった。友人は「いくら英語が上手でも外国人と付き合いがあるようには見受けられなかった」と話す。平日なのに荷物を多く持って出かけたと聞き、「1人でよく海外旅行に行っていたので今回もきっとそうに違いないと思っていた……」と声を絞り出した。

母校の高校によると、おっとりした性格で、
礼儀正しい生徒だった。
ブラスバンド部でパーカッションを担当。
将来の夢は「英語の先生」だったという。


同校は事件後、緊急の全校集会を開き、
動揺しないよう生徒たちに呼びかけた。


遺族が兵庫県警を通じて報道各社に寄せたコメントは
以下の通り。

私たちは突然の事件によって最愛の家族を失いました。
色々な事実が一気に押し寄せてきており、
まだ気持ちの整理ができておりませんが、
娘を失った悲しみは確かで、何も言うことができません。

今は静かに喪に服す時間をいただきたく、
私たち家族はもとより近隣、娘の会社関係者、
友人への取材についても自粛いただきますよう
皆様のご配慮をお願いいたします。

                 引用元 毎日新聞全国版
21a06360.jpg


被害者の方が、亡くなっている事件において、
これ以上書く事は、死者にムチ打つようなもの。

なにせご本人が反論する事が出来ない。
死人にクチナシ。

しかし、あえて書かせてもらうならば、
なぜ、SNSで知り合ったばかりの初対面である、
外人男にノコノコついていったのだろう。

これが夜道で後ろから襲われて、無理やり草むらに
押し倒されて…ならば世間の反応も違っただろう。

防犯カメラというものが腕を組んで、仲むつまじく
民泊に入って行く2人を冷静なまでに記録している。

普通の神経をしているならば、相手が日本人の男で
あっても、この状況は「危険」であると感じなければならない。

娘を信じたいご遺族には厳しいと思われるが、
世間的には、
「売春婦、交渉失敗の果て」。

こう映るのは仕方ない。

遺族が、周りへの取材は遠慮して欲しいと、
どれほど望んでも、「学生時代の夢」までを、
取材し、調べ上げ、同じ紙面に載せる新聞社…。

被害者のここまで細かな情報が必要なのか。

母校の校長が全校集会を開くのはいい。
いいけれど、これを反面教師として、
ひとりでも後に続く被害者が出ないように、
教えこんであげて欲しい。

キミらが手にする携帯、スマホは確かに便利で、
もう手放す事は出来ないだろう。

しかし、その小さな四角い箱は、
キミたちの命をつなぐ事も、奪う事も出来る。
どうか、使い方を誤らないようにと…。

nice!(41) 

不倫の果て・福岡県朝倉市役所職員・丸山京子(63)、相手の男の娘に魚の骨投げるの巻 [社会派]

元不倫交際相手の男性(71)の長女(42)宅に
魚の骨や釘を投げ込む嫌がらせをしたとして、
福岡県警朝倉署は2月28日、朝倉市役所臨時職員の
丸山京子容疑者(63)=同市中島田=を
ストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。


丸山京子(63)は1月2日午後4時ごろ、市内の長女宅の
敷地にある「飛び出し注意」の人形に、
男性が交際時に使っていたニット帽をかぶせたほか、
1月7日~2月17日には、長女宅の駐車場に、
砕けた魚の骨や釘数十本、はさみやタマネギなどを
投げ込んだ疑いがある。

丸山京子は2月15日、男性にストーカー行為を
繰り返したとして、つきまとい行為の禁止命令を受けていた。

男性は長女宅を頻繁に訪れていたといい、
丸山京子は「物を投げれば男性に伝わると思った」と
話しているという。

                        引用元 朝日新聞
10547617_243448792532861_4939568720935689493_n.jpg

71と63か!、
元気すぎるやろ!。


被害者の娘も42歳!高齢化社会にもホドがある!。
UNI_0034.jpg

これから、こんな犯罪ばかりになってくるのだろうなぁ。
日本の未来は暗い…。
nice!(58) 

名古屋・春田竜我(21)と19歳の女子高生が邪魔な母親を殺害未遂で逮捕の巻 [社会派]

2月26日午前3時前、名古屋市千種区の集合住宅で
「母親が刺された」と、この部屋に住む
高校生の19歳の長女から110番通報がありました。

38歳の母親が寝室で寝ていたところ、
背中を刃物で刺され、病院に搬送されました。

その後、近所の人から
「包丁を持った男がうろついている」と通報があり、
警察官が路上で男を見つけ事情を聴いたところ、
長女とともに包丁で刺したことを認めたということで、
警察は男と長女を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは被害者の長女である、
高校生の19歳の長女と、長女の交際相手で
愛知県春日井市の鉄筋建設作業員、
春田竜我(21)です。

「生活態度や交際をめぐって母親から怒られていた」
などと供述しているということで、
警察が詳しいいきさつを調べています。

                      引用元 NHK
10547617_243448792532861_4939568720935689493_n.jpg

さて、どこから語ればよいのやら?というほど、
問題は多い。

まずは19歳の女子高校生。
…よっぽど学校が好きなんやな!。長居し過ぎ!。
Lv_1_up116883.jpg

この母は19歳でこの19歳を産んだシングルマザー。

19でママさん、産まれた赤ちゃんかわいい赤ちゃん、
19になったら、またママさん!という、
典型的なシングルマザーの末路。

男と共謀して殺されかけるという悲惨な末路。

Lv_11_up116883.jpg

しかし、苦労して高校に入れたのに、
勉強もせず、何年も高校に通いやがって、
あげくの果てに、男連れ込んで毎日乳繰り合う。

ありゃあ文句のひとつも出ますで。

15665522_567525556791848_1012925619354282344_n.jpg

邪魔だから殺ろうぜ!。

寝ている背中から、2人に襲われてアウト…。
哀れと言えば哀れな末路…。すべての元凶は自分なのだが。
nice!(35)