So-net無料ブログ作成

日本におけるテレビまんがの父・高畑勲監督逝去の巻 [社会派]

「火垂るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」など
数々の名作を手掛けたアニメーション映画監督の
高畑勲(たかはた・いさお)さんが5日、
東京都内の病院で死去した。82歳。三重県出身。

1968年に「太陽の王子 ホルスの大冒険」で
劇場用長編アニメを初監督。
70年代に「アルプスの少女ハイジ」
「母をたずねて三千里」などのテレビシリーズを
手掛けた。85年に宮崎駿監督とスタジオジブリを設立した。

「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」などの監督作品は
国内外で高く評価され、宮崎監督とともに日本のアニメを
世界に誇る文化に押し上げた。

2013年に「かぐや姫の物語」を公開。
14年にフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で
名誉賞を受けた。98年紫綬褒章。

             引用元 毎日新聞全国版(画像とも)
tedr695-1.jpg

世間的にあまり大きく取り上げられないのが
実に悔しいところだが、高畑勲監督逝去、これ漫画界で言うなら、
手塚治虫、藤子F不二雄先生並みの日本の損失ですわ。

「火垂るの墓」は言うに及ばず、
「母をたずねて三千里」や「赤毛のアン」などは、
昭和の当時、アニメーションがまだ「テレビまんが」として、
「子どものもの」扱いされ、一段下に見られていた当時、
たかが「テレビまんが」の言葉では片づけられない
完成度を見せつけた。

「パンダコパンダ」や「未来少年コナン」などは、
親がわが子に見せたいスタンダード作品である。

今は、コナンと言えば名探偵であるが、
「未来少年」を見せずに子供の健全な育成は
望めないというほどの名作である。

これらの作品群はレンタルビデオでお手軽に再見できるので、
ぜひ、ご覧頂き、CGなどがなかった時代、
昭和の人々はここまでやっていた!というのを確認、
再評価いただきたいところなのです・・・。
nice!(55) 

みんなで食糞・順天堂大学病院が発表!うつ病には他人のウンコが効く!の巻 [社会派]

他人のうんちを大腸に入れて病気を治す。
びっくりするような治療法が既に動きだしている。

心身の健康に深く関与することが解明されつつある
腸内フローラ(腸内細菌叢(そう))。
善玉菌優勢のバランスの良い状態ならば
健康維持に寄与する半面、それが崩れると病気や不調を招く。

細菌叢を形成する多様な腸内細菌は、うんちにも混じり、
水分を除けば3分の1を占めるという。
健常な人のうんちから取り出した腸内細菌を
患者の大腸に注入し、細菌叢のバランスを取り戻そうと
いうのが腸内フローラ移植(糞(ふん)便微生物移植=便移植)だ。


腸の疾患だけでなく糖尿病やがん、動脈硬化、花粉症など
細菌叢との関連が指摘されている疾病の治療法としても
注目され始めた。

米国では既に難治性の腸管感染症の有効な治療法として
政府機関が提示。日本では潰瘍性大腸炎の治療に生かす
順天堂大などいくつかの大学が2014年ごろから臨床試験に入った。


「以前のように理由もなくふさぎ込むとか感情が
突然爆発するようなことがなくなり、自分の中で
何かが変わった気がしました」。

うつ病の治療で便移植を体験した田中千尋さん(27)=大阪市=は
移植後の自身の感覚を思い出す。

留学をきっかけにストレスを抱え込むようになり、
疲労感に襲われ、取るに足りない一言に激怒し、
予定外の出来事に混乱した。仕事もやめて心療内科に通い、
母親の会社を手伝っていた17年6月、便移植に出合った。


移植を担当したのは「腸内フローラ移植臨床研究会」(大阪市)の
設立メンバーの開業医だ。
研究会は17年に一般財団法人として発足。

大学より簡便な便移植の臨床研究を目的にしている。
発起人の医師、田中善(よしむ)さん(65)は
「実証例を積み上げ、治療法として確立させたい。
そのため多くの医師が関わる必要がある」と説明する。

目指すのは「患者の負担がより少ない」かん腸方式。
現在の一般的な方法が、便を生理食塩水に溶かし、
ろ過した菌液を内視鏡で大腸に注入するのに対して、
菌が生着しやすいように特殊な液に便を溶かし、
ゴム製の管で注入する。

菌液は付属の研究所が、患者の症状に合わせて
ドナー登録者約80人の便から選択しブレンドするという。

これまでの症例は約800。
潰瘍性大腸炎をはじめアトピー性皮膚炎、精神疾患などにも
効果を上げているという。

ただ、今のところ民間療法の位置づけのため、
費用の高さなど課題も多く、関係学会の審査を経るなど
通常医療としての認定に向けて手続きを進める考えだ。

                       引用元 西日本新聞
tedr695-1.jpg

うんことうんこをブレンド!!。

もう、カレールーの世界になってきたぞ!。
バーモントとジャワカレーを混ぜる…みたいな。

しかし、こ難しい単語をもっともらしく並べられると、
他人のうんこも効きそうな気がしてくるな!。

皮膚炎から、うつ病までまさに万能薬じゃないか!。

昔から朝一番のおしっこを飲もう!とか、
トンデモ健康法が流行り病のように世間を席巻する時があるが、
他人のうんこを食べて健康を取り戻す…来るで!。

■編集部注 食べるのではありません。注入するのです。
誤解なきように・・・。
nice!(33) 

フジパン・衝撃の新商品「カレーパンサンド」!4月だがウソではないの巻 [社会派]

カレーパンは美味しい。サンドイッチも美味しい。

なので挟んでみました。


カレーパンをサンドイッチで挟んだ商品が店頭に並び、
国民に衝撃が走っている。
フジパンの新商品「カレーパンサンド」だ。
dims.jpg


パッケージには「食べて満足!!」のキャッチコピーとともに
「食パンにカレーパンをはさんじゃいました」と
堂々と書いてあった。

製造元とされるフジパン株式会社(名古屋市)に
問い合わせたところ「うちの商品で間違いありません」と
回答があり、実在する商品であることが明らかになった。

同社の「金城軒カリーパン」を食パンで挟んだ。
食パンとカレーパンの間には、辛子入りマヨネーズが
塗られている。オープン価格だが、参考価格は税込108円。

公式サイトでも商品紹介がない謎の商品…。

どこで売っていて、何で企画したのだろう。
フジパン・マーケティング部の担当者に電話取材した。

-- いつから、どこで売っていますか?

青森、岩手、秋田、福島、宮城、山形の東北6県で
4月1日から発売しています。
スーパーマーケットなど量販店のみで販売しており、
コンビニでは取り扱っていません。

--- なぜこのような商品を企画したのですか?

商品開発担当者によると、台湾で揚げパンをパンで挟んで
食べている事例があることにヒントを得て
「日本でも受けるかどうかやってみよう」と発案したそうです。
東北エリアの担当部署が発案したため、
試験的に東北エリア限定で発売しました。

--- 売れ行きはどうでしょう?

発売したてですが、出だしは好調です。

--- 全国展開は?

今は全くの白紙です。反響次第では検討するかもしれません。

--- ちなみに実際に召し上がりましたか?

東北限定ということもあり、まだ食べてないです。

                     引用元 HuffPost News
dims (1).jpg


…いや、食べなくても味は想像できるだろう…。

これから、なんでもパンでパンを挟むブーム…、
来るで…!。

先に特許取っておいたほうがエエんとちゃうん?。

食パンを食パンで挟んでみたり、
フランスパンの中にフランスパン…あるで!。
こしあんと白あん混ぜちゃいました!とか。

特許申請はお早めに!早いモン勝ちだ!。そだねーみたいに。

そだねー…って、もう誰も口にしてないやろ?。
nice!(29) 

大和高田市の町からドラちゃんカステラが消えた…?!の巻 [市内の出来事]

今年の桜は早かった。大中公園ではまだ桜まつりが
開催されているが、桜はほぼ・・・ない。

これほど早いとわかっていれば、
すべてを前倒しして行動に移すべきであった。
お正月を一カ月先に済ませてしまえばよかったのだ。

だが、異変はそれだけではなかった。
キミは気付いていただろうか・・・。

大中公園、いつものあの場所、あの時刻、
あの露店に異変が起きていたことを・・・。

P3290007.JPG

なにひとつ普段と変わらぬ風景。

例年通り、ベビーカステラが売られている…。
良い子は大好きベビーカステラ。
裏・市長さんも大好きベビーカスッテラ。

もう一度、その風景を見てみよう。
P3290007.JPG

ドラちゃんカステラ、
…じゃない…!!。



アニメじゃないのは機動戦士ガンダムZZ。

ここって、アノ、国民的人気者、
未来から来た青いネコ型ロボットに限りなくよく似た、
ドラちゃんカステラ」の店ではなかったか?。

ドラちゃんだけではない。
近年では「ポケットモンスター」に登場する、
黄色い電気ネズミや、「妖怪ウォッチ」の地場産業幽霊まで、
そのキャラクター範囲は幅広く、
だが決して、「それではない」物体が大きな顔をして、
のさばっていたというのに・・・。

ドラちゃんがいない…。


やはり、郡山の金魚電話ボックス撤去の例を、
あげるまでもなく著作権の締め出しは
年々、厳しくなっているのだろうか。

我々はウソ800を飲み、来年を待とう。

そして叫ぼうではないか、
「嬉しくない!これからずっとドラちゃんと
一緒に暮らさない!」と…。
nice!(32)