So-net無料ブログ作成
市内の出来事 ブログトップ
前の10件 | -

大和高田市立図書館 郷土資料1416冊開架!の巻 [市内の出来事]

大和高田市立図書館は郷土の歴史を見直してもらおうと、
郷土資料コーナーを拡充した。

これまで本棚8段分だったが、書庫などに置いていた
郷土資料も全て1カ所に集めて
1416冊を本棚で開架し、36段分にした。


従来、市史や議会の会議録などが開架の中心だったが、
1988年以降の市広報や78年度以降の市の予算の説明書、
65年以降の県勢要覧なども並べた。

旧天満村で一時期を過ごした作家、宇野浩二の著作集など、
市ゆかりの人たちの書籍もある。
民話や伝説などを集めた子供向けのコーナーも設けた。
一部は貸し出し不可。

秋丸素子館長は「郷土資料を増やしたい。
家で眠っている郷土資料があれば協力を」と呼び掛ける。


               引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
               撮影 藤原弘記者

9.jpg

1988年以降の大和高田市広報とか、まだ置いてあるんや!。

ウチにも毎月届くけど、目ぇ通したら、
鍋敷きになって最終的には廃品回収行き。
個人では活用するチャンスがないものなぁ…。

このブログを勝手に書籍化して、郷土資料扱いで、
図書館に並べてくれてもワシは構わんよ。
その際、著作権はすべて市に寄付するからね。どうぞ遠慮なく。
今すぐ、気の変わらんうちに!さぁ!慌てろ。
nice!(35) 

大和高田市にもこんなにすてきな建築物があったのね…の巻 [市内の出来事]

明治時代から戦後までの近・現代に県内に建てられた
建築物を写真パネルで紹介する
「建築とアート」パネル展が11月16~19日、
大和高田市本郷町の大和高田さざんかホール、
レセプションホールで開かれる。入場無料。


1級建築士らでつくる公益社団法人、
日本建築家協会近畿支部奈良地域会の実行委員会が
主催し、同市のまちづくりグループ「夢咲塾」が共催。

建築とアートが融合した建築文化に関心を持ってもらうのが狙い。

同じ期間に開かれる市美術展覧会の会場一角に、
大正、昭和期に活躍した建築工学者、
坂静雄(1896~1989年)が設計した
天理大学付属天理図書館西館(天理市、30年築)や、
1887年に完成した日本聖公会高田基督教会など
大和高田市内の4建築などの建物の写真パネル15点を展示し、
建物の特徴などと共に紹介する。

                 引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
                 撮影 藤原弘記者
9.jpg


いやぁ~、古い建物って、
無人の廃屋しか
無いと思ってました。


まぁ、9割がそうなんですけど・・・。
ウチも人の事が言えない廃屋っぷりなので、
その話題はいずれまた機会をあらためて…。

お、今日さざんかホールで、
映画「天使のいる図書館」無料上映会があるんだけど、
整理券の配布はもう終わったらしい。
もっと早く知っていれば告知したのにゴメンね。

nice!(34) 

市制70周年!大和高田市で記念植樹祭開催されるの巻 [市内の出来事]

大和高田市は11月10日、桜の名所「高田千本桜」がある
大中公園で市制70周年の記念植樹祭を開いた。

しだれ桜や八重桜など桜計7本を植え、
子供たちが紙製の風船を空に放って市制70周年を祝った。


吉田誠克市長が「素晴らしい環境を次の世代に
バトンタッチするのが私たちの務め」とあいさつ。

市内の磐園幼稚園と高田こども園、浮孔保育所の園児ら
計約130人が青やピンクなど色とりどりの風船を飛ばした。
白拍子舞伝承塾生による舞いも披露された。

同市は1948年1月1日に県内2番目の市として誕生した。

             引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
             撮影 藤原弘記者

9.jpg

すごい!、
平和な町に見える!。


不正のないクリーンな町、大和高田市!。
そんな誤解を招きそうに、さわやかな一枚。
nice!(32) 

ヤマト再発進!「やまとたかだの第九」初演奏会開催への巻 [市内の出来事]

今年結成され、12月23日に初めての演奏会を控える
「やまとたかだ第九合唱団」が夜の練習を重ねています。
いこま.jpg

大和高田市では「ときめきの第九」が10回目の去年で
惜しまれながら活動を休止することになりましたが、
合唱団を続けたいという声が強く
「やまとたかだ第九の会」が新たに発足。

きのうの練習では本番の指揮をつとめる
大阪交響楽団の寺岡清高さんが指導しました。

10年の歴史に支えられた初めての演奏会は
12月23日、午後3時に
大和高田さざんかホールで開演されます。

                 引用元 奈良テレビニュース
いこま.jpg


せっかく10年もの歴史を重ねてきたのに、
軽々しくやめちゃうべきじゃないね。
どんなことでもそうですが、継続していくのは実にしんどい。
しかし、続ける事に意義があるのです。

ブログの更新も日々、しんどいね。
だが、やめるのはいつでも出来る。
今日もまた更新する、これを日々重ねてゆく…。
これがなかなかにタマゴよりムズかしい。

諸君にはこれからも、がんばっていただきたい。

nice!(38) 

大和高田市・洋菓子のエンジェ ジャパンケーキショー東京2017で受賞!の巻 [市内の出来事]

大和高田市本郷町の洋菓子店「エンジェ」のシェフパティシエ、
河本満夫さん(47)が、東京都で開かれた
ジャパンケーキショー東京(日本洋菓子協会連合会など主催)の
小型工芸菓子部門で、最高位の連合会長賞を受賞した。

河本さんは平成27年に西日本洋菓子コンテストで優勝しているが、
全国大会での優勝は初めて。
「何回も挑戦してやっと取れたのでうれしい」と喜びを口にした。

同ケーキショーに向けては、「美女と野獣」がテーマの作品を考案。
砂糖やゼラチン、餅を粉にした寒梅粉などを使い、
細やかな装飾を施した高さ約40センチほどの
作品を1カ月半ほどかけて作り上げた。

                     引用元 奈良新聞(画像とも)

903a08eefa104882964702d88d879e20.jpg


美容師もパテシエも、その道を極めようとする人は、
日々大変。常に研究精進し、大会があれば参加し、
その技を磨きつつ、日々の暮らしも維持しなければならない。

大和高田市を代表する洋菓子店のパテシエが、
またしても受賞の報せ。

しかしまぁ、他の受賞作品も拝見してみますと…、
無題.png

実にすばらしい芸術的作品なのだが・・・、

無題.png

うまそうに見えない。

そーゆーコンテストではないのは、重々承知であり、
味を競うものではないのだけれど、
庶民が気軽にかじりつくスイーツ、デザートとは程遠いな。

皇室の結婚式に捧げるようなものではなく、
もっと、庶民的な指先でクリームをすくって
ベロリと舐められるような、そんなコンテストがいいな。

nice!(58) 

なにか匂うぞ?大和高田市から靴下ソムリエ発進!の巻 [市内の出来事]

10月に「靴下ソムリエ」の資格認定試験があったって
聞いたけど、靴下ソムリエって何かな?

県靴下工業協同組合(事務局・大和高田市)が
今年始めた制度です。

認定を受けた人たちに、奈良産の靴下の魅力や
商品価値を正しく消費者に伝えてもらうことなどを
狙っています。

奈良県と東京都で計455人が受験し、
292人が合格しました。
認定バッジを付けて、百貨店などでの業務に
活用してもらうことを期待しています。


■どんな問題が出たのかな?

○×式の50問と3択式の30問で、靴下の歴史や素材、
編み方などが問われました。
「大和国広瀬郡(現広陵町)で江戸時代初期に、
農家の副業として作っていたものは何か」や
「植物繊維でないものはどれか」などの多彩な問題です。

100点満点で80点以上を合格とし、2人が全問正解だったそうです。


■県内の靴下製造の歴史は古いの?

日本初の靴下は1871(明治4)年に東京で作られ、
奈良県内では1910(明治43)年、馬見村(現広陵町)で
手回し機による靴下の製造が始まったとされています。
県内では今も、靴下の製造が盛んです。


■県内の生産量はどれくらいかな?

日本靴下工業組合連合会のデータによると、
全体の約8割が輸入で、残りの約2割が国内生産です。

2016年の生産量は、国内全体では
2855万2762デカ(1デカ=10足)で、
奈良県は991万3014デカと、
九州や関東などを引き離してトップです。

しかし、県の生産量自体は1998年に比べて
約4分の1に減少しています。
県靴下工業協同組合は、県の靴下の良さを
アピールしようと、ブランド「The Pair」を開発し、
今年春から一部の百貨店などで販売しています。


■どんなブランドなの?

奈良の靴下作りのノウハウを生かして技術にこだわり、
2年がかりで開発されました。
ビジネスや運動、カジュアル、部屋着など、
それぞれの用途で最適な履き心地を追求しているのが
特長とされています。

                  引用元 毎日新聞奈良版
                  解説 藤原弘記者
170420_pic01_b.png


「靴下ソムリエ」か・・・、
なんか臭そう。

そんな事はない。
世にもめずらしい靴下ソムリエ、受験者が奈良県民と
東京都民ってどエライ限定されとるな!。
なんぼ一極集中しとんねん。

こんな大和高田市主催の資格に挑戦したり、
大和高田市をインスタで紹介する東京モンって変わってるぅ~。
nice!(31) 

猟奇的な高田民・さようなら、みくちゃんが鍋で煮込んで販売される!の巻 [市内の出来事]

大和高田魅力産業創造フェア(同実行委員会主催)が
11月5日、大和高田市本郷町の
さざんかホール周辺で始まった。

同日、国文祭・障文祭の一環で開かれた
「合唱の祭典in奈良」の歓迎イベントとして開催。

会場には市内や近隣の名店が食品、
酒類の販売ブースを並べたほか、
さくらコットンなどの地場産品の展示販売も行われ、
新鮮なみくちゃんを素材とした
「みくちゃん鍋」の販売ブースには行列が出来た。

              引用元 奈良新聞(画像とも)
5a76874f07b8da65caebd4c3eb704bab.jpg

どうも、みくちゃんの姿を見かけないと思ったら…、
鍋にされていた!。

さようなら、みくちゃん。
キミの事は3日ぐらいは忘れないよ・・・。
nice!(32) 

聖徳太子の飼い犬め!雪丸の年賀はがき!の巻 [市内の出来事]

戌(いぬ)年となる来年用の年賀はがき発売日の
11月1日、聖徳太子の愛犬と伝わる奈良県王寺町の
マスコットキャラクター「雪丸」のイラスト入り
オリジナル年賀はがきの販売が町内で始まった。


王寺郵便局でのセレモニーには「雪丸」も登場し、
地元の保育園児らとダンスでPRした。
9.jpg


障害者支援をする町内のNPO法人、
なないろサーカス団が販売。
宛名を書く表面にだけイラストがあるはがきは
1枚60円で、両面は90円。

裏面のイラストは4種類で、各2枚ずつ8枚セットは700円。
「雪丸ドローン」をあしらうなどした年賀状デザインの
素材も6日から、王寺町ホームページでダウンロードできる。

              引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
9.jpg

売りつけるだけではなくて、
年賀状素材を無料でダウンロードできる配慮がいいね!。

わが大和高田市を代表する、みくちゃんも毎年、
年賀はがきを発売していたのだが・・・、
本年は無いようだ。どこにも告知されていない…。

しけてきたな・・・。

nice!(65) 

大和ガス本社に仮面ライダービルドが来るど!の巻 [市内の出来事]

大和高田市の大和ガス本社で、11月5日まで
4日間にわたる秋恒例の「ガス展」が始まり、
多くの家族連れなどが催しを楽しみました。

ガス展は、大和高田市や橿原市など中和地域で
都市ガスを供給する大和ガスが、顧客サービスとして
先月から百貨店などで開いてきたもので、
きょうから本社敷地内が会場です。

初日はステージで子どもたちが太鼓を演奏し、
ガスを使う簡単な調理も紹介されました。

ガス展の呼び物は、この地域で人気のある飲食店が
出張してずらりと店を構えるグルメストリートです。

パンやスイーツ、ラーメン、すしなどがお祭り価格で販売され、
大勢の人が店自慢の味を確かめていました。

ガス展は5日まで、ステージでのショーやビンゴゲーム大会、
抽選会などが続きます。

            引用元 奈良テレビニュース(画像とも)
がす.jpg


アンパンマンや仮面ライダービルドも
やってくるのだが、このイベント程度では・・・、

9人殺し生首コレクションに比べれば…、

まだまだ。

がす1.jpg

ちなみにこの、どたぬきは大和ガスに勤務する、
「ぬくまる」もしくは「すずまる」のどちらか(見わけがつかん)。

左横はその彼女。ばばまる。

nice!(32) 

オークワとコーナンに挟まれて…サンドラッグ大和高田店オープンの巻 [市内の出来事]

サンドラッグ大和高田店オープン!。

大和高田市市場か・・・。
キリン堂、オークワ、コーナン、ファミリーマート、
産直市場よってってってってってってってってってって、
万代・・・と並ぶ、大和高田市戦国地帯道路の、
オークワとコーナンの真ん中、パチンコ屋跡地に
サンドラッグ・・・。 よし!もうイッチョ来い!。

オープン予定は来年の5月23日。
鬼が笑うなんて、あざ笑ってちゃいけない。
来年なんて、アッという間だ!。

17725_2_500_500_3.jpg



でも、この程度の出来事、
9人殺し生首コレクションに比べれば…、


まだまだ。
nice!(27) 
前の10件 | - 市内の出来事 ブログトップ