So-net無料ブログ作成

この男、医師でボクサーで、PTA会長で父親!川島実先生(44)が奈良県知事選に出馬の巻 [名物さんご紹介]

来年4月の知事選への出馬を表明した
医師の川島実氏(44)=奈良市。

12月18日に県庁で開いた出馬会見では、
「現県政の政策の進め方は乱暴。
対話と共感のある政治を実現したい」と思いを語った。

川島氏は元プロボクサーにして医師で僧侶という
異色の経歴の持ち主。
4人の子供の父親で、PTA会長や自治会長も務めてきた。

川島氏は出馬の理由を
「高校再編やホテル開発など、地域住民との
十分な話し合いがないまま突き進む県政のあり方に、
強い危機感を覚えた」と説明。

「子供の安全最優先で、教育にかける予算の
優先順位を上げる。県内医療の荒廃を招く、
現県政の医療費抑制政策も見直す」と、
教育と地域医療政策を中心に訴えていく考えを示した。

選挙戦では「無所属、中道で広く県民への支持を訴えたい」と、
特定政党の支援は受けない方針という。
同知事選には現職で4選を目指す荒井正吾氏(73)が
立候補を表明している。

          引用元 産経新聞奈良版(画像とも):
5a3f5d6d980287522793871531a98a50.jpg

なんかスゴイ人材が出てきたな・・・。

医師でプロボクサーで坊主で、父親でPTA会長が
県知事をめざす・・・。しかも嫁さんは薬剤師らしいゾ!。
奈良県出身の最強戦士ちゃうか?!。

世の中、まだまだ素晴らしい人材が埋もれてるなぁ・・・。
nice!(53) 

nice! 53