So-net無料ブログ作成

準優勝のディアブロッサ高田FCが堀内大造大和高田市長に色々と報告の巻 [市内の出来事]

大和高田市を拠点とするサッカーチーム
「ディアブロッサ高田FC」のU-12(小学生チーム)が
今月3~5日に開かれた全国大会「JA全農杯全国小学生
選抜サッカー大会」で準優勝し、16日、
堀内大造市長に活躍を報告した。

大会は横浜であり、関西第2代表として出場した
ディアブロッサは優勝候補のJリーグジュニアチームを
次々と撃破。決勝では関西第1代表の
「センアーノ神戸ジュニア」を終盤までリードしたが、
試合終了2分前に追いつかれ、延長戦後のPK戦で惜敗した。

約120人のU-12チームを率いる川上弘仁監督(46)は
「勝利が目前となり、気持ちが守りに入ってしまったのが敗因。
それでもすごくいい試合だった」と振り返った。

梶山叶晃(かなあき)主将(12)=香芝市立下田小6年=は
「うれしさの半面、悔しい部分もある。
メンタルを鍛え、次の大会では全国制覇を狙いたい」と
意気込んだ。

堀内市長は「私は政治経験はないが、サッカーをしていたので、
この成績は本当にすごいと思う。
PKでの惜敗は悔しいと思うが、さらに上を目指して」と激励した。

           引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
           撮影 稲生陽記者
無題.jpg

新人市長、まだまだ表情固いな!。大きなお世話だが。
やはり人間、得意分野というのがあるから、
市役所の屋上に飛行場作って、
自家用戦闘機で通勤したらエエねん。

ドローン飛行禁止の条例はあっても、戦闘爆撃機飛行禁止は
条例で禁止されてないやろ?。禁止される前に早よ!。
nice!(45) 

nice! 45