So-net無料ブログ作成

新宿・ホストと風俗嬢の殺し合い!美人すぎる包丁使い・高岡由佳(21)、笑顔で逮捕の巻 [社会派]

5月23日午後4時頃、東京・新宿区の自宅マンションで、
恋愛関係にあった接客業の20代男性を刺したとして、
高岡由佳(21)が殺人未遂の疑いで逮捕された。

高岡由佳(21)は調べに対し、
「相手を殺して私も死のうと思った」と
容疑を認めているという。

      引用元 日本テレビニュース(画像とも)

カワイイカワイイ、カワいすぎて無罪にしろよ!と、
今話題の容疑者・高岡由佳(21)。
ハッキリ、クッキリしたお写真が公開された。
果たして無罪か?。
無題.jpg

・・・そうでもないな・・・。


場合によっては、出所してきてまた元の店で
働きだしたら予約してでも・・・と考えていたのに・・・。

事件現場となった、プレール・ドゥーク東新宿Ⅲという、
あの紀州のドンファン妻、さっちゃんもお住まいの
高級マンション、ひと部屋の家賃、185.000円、
プラス管理費8.000円らしいど!。

とても学生や、アルバイト風情の21歳が住める場所ではない。
風俗嬢というのは、ホストに貢いでも、まだこんなところで
暮らせる余裕があるのだな。
これからは風俗嬢の時代やな!。

風俗嬢をバカにしている訳ではない。
日本男児にとって、必要不可欠の職業だ。女神さまだ。
むしろ尊敬に値する。

願わくば、もっと風俗嬢が増殖して価格破壊してくれれば、
どれほどうれしいか。東京オリンピックを前に、
記録的ダンピングを実現させて、オレと出場選手と風俗嬢で
ドーピングしようぜ!。ビバ!国際親善!!。
無題.jpg

ホストをメッタ刺しにした後、笑顔で護送される高岡由佳(21)。

捜査員と談笑しているようだ。

ゆか(21) 「死にましたかね?」。
捜査員(42) 「いや、病院に運ばれて助かったんじゃね?」。
ゆか(21) 「え~、マジで?!」
捜査員(42) 「もっと深めに刺さないと」。
ゆか(21) 「今度は私、失敗しませんから」。

nice!(28) 

nice! 28