So-net無料ブログ作成

名神高速多重事故・死亡したのは大和高田市奥田の仲本佳子さん(58)、尾崎綾音さん(7)は重体の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

滋賀県草津市の名神高速道路上り線草津ジャンクション
(JCT)付近で5月24日、観光バスなど計4台が絡み
17人が死傷した玉突き事故で、県警は25日、
亡くなった女性は奈良県大和高田市奥田、会社員、
仲本佳子さん(58)と判明したと発表した。
死因は脳挫傷など。

意識不明の重体の女児は、仲本さんの孫で
大和高田市春日町、小学1年、尾崎綾音さん(7)と確認。

事故は24日午後4時20分ごろ、草津JCT付近の分岐車線で、
大阪府八尾市堤町、運転手、鈴木武容疑者(52)=
自動車運転処罰法違反容疑で逮捕=の運転する
観光バスが、仲本さんと尾崎さんらが乗っていたワゴン車に追突。

弾みでワゴン車が横転し、前の車に接触するなどして、
仲本さんが死亡、尾崎さんが重体となったほか、
幼児を含む15人が重軽傷を負った。

県警によると、ワゴン車はレンタカーで、仲本さんの家族など
子ども8人を含む3家族計12人が乗り、仲本さんの妹に会いに
福井に向かう途中だったという。

バスは左前方の損傷が激しく、現場には急ブレーキでできたと
みられるタイヤ痕があった。県警は鈴木容疑者が衝突直前に
右にハンドルを切った可能性があるとみている。

鈴木容疑者は「前の車にぶつかったことに間違いない」などと
容疑を認めているという。

              引用元 毎日新聞関西版
無題.jpg

バス運転手は前日に8時間の睡眠をとったと自己申告。
体調に不備はなかったと自己申告。
しかし、運転中に脇見をしていたと供述。
さらには、白内障の眼薬(点眼薬)が運転席に常備されて
いるのが見つかり、通常運転に支障があったのではないかと、
警察が調べている。

一方、横転してしまったワゴン車の定員は8名。
子供を含んでいたとはいえ、12名はちょっと・・・。

なににしても痛ましい事故が起きてしまいました。
nice!(28) 

nice! 28