So-net無料ブログ作成

名古屋・精神障害キチガイの父・佐竹憲吾(51)が勉強しない小6息子を刺殺!初公判の巻 [社会派]

殺人の罪に問われている名古屋市の無職・佐竹憲吾(51)。

起訴状によると、佐竹憲吾(51)は2016年8月、
自宅で当時小学6年生の長男・佐竹崚太君の胸を包丁で刺して
殺害したとされる。名古屋地裁で開かれた初公判で佐竹被告は…。

佐竹憲吾(51)
「死に至らしめたことは事実ですが、殺意は持っていません。
刺していない」 こう述べ、起訴内容を否認した。

検察側は冒頭陳述で、
「崚太君が自分の指示通り勉強しないことに激高することがあり、
暴力を振るっていた」

佐竹憲吾(51)は崚太君を中学受験させることにしたが、
2014年ごろから指示通りに勉強しないと暴力を振るうなど
していたうえ2016年からは刃物を見せて脅し、犯行前にも
車で長男を連れ出して包丁で足を切っていたと指摘。

これに対し、弁護側は犯行当日に
包丁を見せつけ、行動を改めさせようとしていた。
傷付ける意思はなかった。事故によって起こったなどとも主張。

さらに、犯行当時、精神障害のため判断能力が著しく低下していて、
責任能力が十分に備わっていなかったとも訴えた。
判決は来月19日に言い渡される予定だ。

                引用元 ライブドアニュース
1bd39da8947b1ccf1b055063da2b3d59.jpg

つまりは、
キチガイのしたこっちゃ。
息子殺したぐらいカンベンしたれや。

という弁護である。

34d1b_1110_20160908-150348-1-0002.jpg

小学生の息子は日々、虐待され、包丁で切りつけられ、
最後には胸をひと突き、殺害されてしまった。

あまりにもムゴイ話ではないか。

なのに、精神障害者のしたことだから許せというのか。

世界よ、これが日本の司法である!。
nice!(46) 

nice! 46