So-net無料ブログ作成

地獄の結婚式!土屋夫妻を追いこんだメルパルク仙台・謎のプランナー青沼絵理菜さんが特定されるの巻 [社会派]

ホテル事業を手がける「メルパルク」(東京都港区)が
2019年7月8日、公式サイトで「多くの方々に、
ご心配・ご心労をおかけしております」として、謝罪文を掲載した。

メルパルクをめぐっては、同社の結婚式場を利用した夫婦が
「精神的苦痛を受けた」とネット上で訴え、批判を集めていた。

騒動の発端となったのは、2019年6月にホテル
「メルパルク仙台」(宮城県仙台市)で挙式した20代の夫婦が、
口コミサイトで「あまりにも酷すぎて精神的苦痛で
立ち直れていない」などと書き込んだためだ。

1年以上前からホテル側と打ち合わせし、
万全の状態で当日を迎えたものの、
(1)1日1組と言われていたが
 当日はダブルブッキングだった
(2)飲み物はビールとソフトドリンクなど
 わずかしか用意されていなかった
(3)招待客の引き出物の中に原価が書かれた
 発注表が入っていた
(4)旧姓で呼ばないで欲しいと伝えていたものの
 司会者にアナウンスされた――など不手際が相次ぎ、
「一生に一度の結婚式を台無しにされた」と
悲痛な思いを書き込んでいる。


夫婦は7月9日放送の情報番組「スッキリ」に出演し、
あらためて辛い心境を吐露。
式代は300万円以上で、ホテル側に直接不満を伝えるも、
「弁護士を通じて連絡して欲しい」と言われたという。

メルパルクは騒動を受け、声明を発表。

                 引用元 J-CAST
無題.jpg


書きこまれたホテル側の不備を挙げていくと・・・、

1年前から往復8時間かけて打ち合わせをしてきた。

訳あって友人と兄弟のみの式で、
何があっても絶対に旧姓を言わない約束だった。
しかし式当日、旧姓で紹介される。

見積もりなど毎回下の名前の漢字が違う。
花や映像等外部打ち合わせで毎回旧姓で呼ばれ、
出席しない両親への演出を聞かれ嫌だった。

式場見学で同じ会場は1日1組と言われ、
花嫁と鉢合わせはないと安心して契約。

会場装飾も自由に自分たちで出来ると聞いて
楽しみにしていた。式2週間前に当日直前まで
会議で披露宴会場を使うため装飾を出来ないと言われ
渋々了承したが、実際は別のカップルの結婚披露宴で
使われていた。

当日着付けを30分早められ、ドレスとタキシード姿で待機中、
突然カーテンを閉められ出てくるなと言われた。
他の新郎が入ってきて着替え始めた。

嫌な気持ちのまま披露宴へ。
電報は読まない約束だったが読まれた。
新郎は会社に電報を断っていたため
私の会社からの1通のみで恥をかいた。

2才のお子様にノンアルコールドリンクをすすめる。
ウェディングケーキが子供に提供されない。
ドリンクフルコースにしていたのにビールしかない。
巻き寿司がケーキとコーヒーの後、1番最後に出される。

引き出物の中に原価まで細かく書かれた発注表が同封。

発生しないはずの駐車料金を徴収された者がいる・・・。


これは・・・、
泣けたで・・・。

こちらの土屋さんご夫妻は、ほかにも式場があろうに、
旦那が郵便関連の仕事に就いているためメルパルクに
決めたそうだ。

メルパルク仙台きってのウェディングプランナー、青沼絵理菜さんと
1年前から式当日に向けて話を進めていたが、
キャンセルできない時期になってから突然の交代。

この腕利きプランナー・青沼絵理菜さんというのが実にクサイ!。

後に炎上するのが事前にわかっているかのように、
様々な工作をしていた。
メルパルク仙台のSNS上(現在は削除されている)において、
「青沼絵理菜」の署名記事に別のプランナーの画像を使用。
D-_aHcXU0AA5qhy.jpg

まんまとハメられた私刑大好きインターネット民は、
この写真を大拡散!どエライもらい事故!!。

「青沼絵理菜」の個人SNSアカウントが見つかる!。

しかも顔写真つきだ!またも拡散!。
D-9DdWTUcAAG-SL.jpg


しかし、これは、
前仙台市長の奥山恵美子さんの写真だった!!。

悪意のない人間がここまでするものだろうか・・・。
D-9DdWTUcAAG-SL.jpg

こちらがホンモノ。

土屋さんご夫妻が式後、納得のいく説明を聞かせて欲しいと、
青沼絵理菜さんに面談の約束をして式場に出向くも、
本人は当日、友人の結婚式のために欠勤しているので会えません。

その後、何度も面会の要求をするが、結婚式費用を
支払ったら、会わせてあげますとメルパルク仙台。

結婚式費用って、
手付も前払いもなし?。


土屋さんご夫妻は納得いかないので、支払いたいが、
支払えないと言う。

式場側はミスを認めて、「悪かったな、司会者の費用はサービスして
駐車場代もらったお客には返金するよ、だから300万払えよ、早く」。
ということらしい。

再三、納得いく説明を求めるも、この夫婦をクレーマー扱いし、
お前らとは二度と会わない
言いたい事があるなら以後、弁護士を通してくれ」と、
言い放ったという・・・。

そして現在、メルパルクは謝罪に追いこまれた・・・。


これはちょっと・・・何らかの私怨が感じられるんですけど・・・。

男はいいんだ、男は。
でも女性にとって、人生で最高の花舞台じゃない?。結婚式って。
ある意味、人生において最高潮、これ以後は下がるばかり(失礼)。

ミスは誰にもあろうよ。
しかし、それを取り仕切る式場側のこの対応はないわぁ~。
多少のクレームにも、平身低頭、最初っから謝罪しておかないと。

誰だって、祝い事において文句、クレームなんかつけたくない。
なんかハナっから、難癖つけられたみたいで。

それをあえて、こうやって顔出しで全国に訴えてる。

でも、旧姓すら人に知られたくないのに、顔出しはいいんだな・・・。


   なんでや?!。
nice!(25) 

nice! 25