So-net無料ブログ作成

京都アニメーション放火火災・33人死亡!精神病のキチガイ41歳男を身柄確保の巻 [社会派]

京都アニメーション火災、死者・心肺停止20人以上か 
戦後最悪レベルの放火事件に。

消防によると、死者は14人で、心肺停止の十数名が、
3階から屋上につながる階段に折り重なるように
倒れているという。

そのほか、重症10人を含む36人が搬送されている。
「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズや「けいおん!」
「聲の形」などで知られる京都アニメーションで
7月18日午前10時半に起きた爆発的な火災は死者・心肺停止は
20人を超えるとみられ、戦後最悪レベルの放火事件となった。

NHKによると、火をつけた男の身柄は警察が確保している。
持っていた免許証によると41歳。
けがをしており、病院で手当てを受けている状況という。
現場には複数、刃物のようなものが落ちていたという。

                引用元 BuzzFeed News
sub-buzz-371-1563440314-1.jpg

夜9時半のNHKニュースによると、死亡者は33人。

驚くを通り越して、背筋が寒くなる思い。
面識もない男にいきなり命を奪われる理不尽さ。
前途ある人々がなぜ今日、殺されなければならなかったのか。

京都アニメーションは、
関西を代表する有名企業のひとつである。
世界に通用するブランドである。

日本のアニメの歴史を塗り替えるような傑作を
これからも作り出してくれたであろう創作者たちが、
なぜ、ひとりのキチガイによって殺されてしまったのか。

キチガイの行動には答えがない。
理由は永遠に藪の中だろう。
日本ほどキチガイが野放しにされている国はないのだ。
nice!(24) 

nice! 24