So-net無料ブログ作成

北海道・帯広警察署でテロ事件!花火100発撃ちこまれる!少年少女を一斉に逮捕の巻 [社会派]

今は、京都アニメーション、吉本興業、選挙と、
この3本柱で報道が偏りすぎており、小さな事件は
埋もれ、見過ごされている。

こんな時こそ、その小さな事件に目をやらなければ
ならない。それは大事件に発展する「芽」かも知れない。



今年5月に帯広警察署に花火100発以上を
打ち込んだとして、17歳から19歳の少年5人が
逮捕されました。

威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、
十勝総合振興局管内に住む18歳と19歳の少年と、
帯広市内に住む17歳から19歳の少年3人の
合わせて5人です。

5月16日未明、帯広警察署の当直中の署員が
異音に気付き外に出ると、もうもうと立ち込める煙と、
花火の残骸が残っているを見つけました。

その4日後の20日に再び同様の事件があり、
警察が防犯カメラなどから少年らを割り出しました。

16日にはロケット花火、煙玉、爆竹など、
およそ100発が投げ込まれ、20日には、更に10連発、
20連発の花火が使用されたということです。

5人は「警察署が騒然となるのを見たかった」、
「警察官をからかいたかった」などと
おおむね容疑を認めていますが、19歳の男は
「仲間をそそのかしたりはしていない」と一部否認。

            引用元 HTB北海道テレビ放送

mig.jpg

2回も花火をブチこまれて、警察はなにをやっとんねん?!。
その場で鉛の弾、ブチこんでやらんかい!。

5月の事件、今頃逮捕て、時間もかかり過ぎ。
雪で表に出られんかったんか?冬眠しとったんか?。
アホは甘やかすな、その場でしつけろ!。
nice!(28) 

nice! 28