So-net無料ブログ作成

JA北大阪が世紀の新発明!災害時に便利!「飲めるごはん」を発売!の巻 [名物さんご紹介]

昨年の西日本豪雨や大阪府北部地震など大規模災害が
近年相次いでいることを受け、
JA北大阪(大阪府吹田市)が地元産の米
「ヒノヒカリ」を使って製造・販売する缶入り飲料
「農協の飲めるごはん」が、備蓄用の非常食として
好評を博している。

水分と栄養の補給が同時にでき、腹持ちも良いため、
水や火が使えない災害発生直後に役立つ。
問い合わせが殺到し、昨年8月の発売以来、
全国で10万本超を売り上げた。

主な原料は米、ハトムギ、小豆。誰でも口にできるよう、
食物アレルギーを起こす可能性がある27品目を使わずに
仕上げた。味は梅・こんぶ、ココア、シナモンの3種類。

            引用元 共同通信(画像とも)
67c87_760_2142182_20190812_062906_size640wh_2922.jpg

さすが関西!カップラーメンもなにもかも、
発明はすべて関西から!関西人は食に関して実に明るい!。
時代の最先端をゆくのが関西!!。すごい発明だなぁ…!!。



でも、これって…、
おかゆのこと?…。




ELsdH52.jpg

それは言うな…。
nice!(47) 

nice! 47