So-net無料ブログ作成

奈良県立郡山高校野男性教諭のせいでカタワになった!元生徒が訴訟!の巻 [社会派]

去年4月、県立郡山高校の体育の授業で
当時高校3年の男子生徒が柔軟体操をしていたところ、
男性教諭に身体を強く前へ押された結果、
重度の椎間板ヘルニアになったなどとして、
当時生徒だった男性らが奈良県におよそ660万円の
損害賠償を求める訴えを起こしました。
 
「教諭本人は家に一度も来ず正式な謝罪はいまだありません、
これから先が不安でしかたありません、
僕の人生を台無しにした体育教師を許せません、
元の体を返してください」

訴えを起こしたのは18歳の男性とその保護者です。
訴状によりますと男性は県立郡山高校3年だった去年4月、
柔軟体操の「前屈」をしていたところ、後ろから来た男性教諭に
「痛い」と言ったにも関わらず強く身体を押されました。

男性は足および腰の強い痛みにより、去年7月から
休学せざるを得なくなり、国公立大学を志望していたにも
関わらずセンター試験、2次試験を受験できなかったと
いうことです。

         引用元 奈良テレビニュース(画像とも)
無題.jpg

ムズカシイとこやな。
この男性教諭の行為が授業、指導の範囲を
越えていたかどうか。

痛い、やめてくれ、死ぬ、折れた!と訴えているにもかかわらず、
意図的、必要以上、2時間以上背中を押し続けたのならアウト。

それがきっかけでヘルニアを発症した。
確かに腰痛は辛い。真っすぐ歩けなくなる。
重症になると寝たきり、立ったきりになる・・・これもわかる。

しかし、まさか体育の授業で背中を押した程度で、
訴えられるなんて男性教諭だって、夢にも思っていないだろう。

とにかくムズカシイ時代。
もう、授業だからといって他人の体に触れてはいけない。

教師のみなさんが無事、定年を迎えたいのならば、
「学校」と言う場を廃止して、スマホなんかで
通信授業にすればいいんじゃね?。

もう同窓会もチャットみたいな感じでいいんじゃね?。

nice!(61)