So-net無料ブログ作成

五條・毎日新聞葛城中央店の尾崎共晃(34)が未成年風俗嬢を暴行窃盗で逮捕の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

高田署は4月11日、大和高田市内のラブホテルに呼んだ
無店舗型風俗店の未成年女性(18)の財布から
現金約43.000円を盗んだとして、奈良県五條市二見4の、
毎日新聞葛城中央店従業員、
尾崎共晃(34)を窃盗容疑で逮捕した。

尾崎共晃(34)は電話で未成年風俗嬢を呼びつけ、
ひと通りの性的行為を楽しんだ後、女性にシャワーを
浴びさせている隙にカバンを物色。
財布から現金を抜き、逃走した疑いが持たれている。

容疑を認めている。
なお、毎日新聞葛城中央店は尾崎共晃(34)を11日付けで
解雇した。

             引用元 毎日新聞奈良版
0078c6daij.png

ヤクザよりタチ悪いな。

大抵、風俗業なんてのはどっかで反社会的勢力と
繋がってるもんだが、その上を行こうとするヤツが現れた。
それが新聞屋である。ペンは剣よりも強し。
マスコミはヤクザよりも強しを地で行く事件である。

ヤクザも警察に泣きつくしかなかったのである。
そうか!警察はマスコミよりも強かった。
マスコミ被害で困っている方々は迷わず警察に行こう!。
nice!(44) 

「ダンボ」2019 [市長からの有難いお言葉]

c9c78316563c0714f9527ba08afadf1f.png
〔2019年/アメリカ〕




かつて栄華を極めた「メディチ・ブラザーズ・サーカス」も、
時代の流れには勝てず、経営は悪化するばかり。

そんなサーカス団に明るいニュースが。
とても愛らしい子どもの象が誕生したのだ。

だが、「ダンボ」と呼ばれるその子像は大きすぎる耳を持ち、
ショーに出演しても観客から笑いものになるばかり。

ある日、ダンボの世話を任されたホルトの子供、
ミリーとジョーが、悲しむダンボを元気づけるため
一緒に遊んでいると、ダンボが大きな耳を使い、
大空を飛べることを発見する!。

「空を飛ぶ子象」はたちまちサーカスの人気者に!!。





劇場で観た。裏・市長割引で1.600円で観た。
ホットドッグは定価だった。



近年流行りのディズニーの名作を実写映画にしよう!
キャンペーンの一作。(そんなキャンペーンがあるかどうかは
知らぬが、次回作は完全無欠の「アラジン」だそうな)。

なんだよ!このポスター!!。
韓国様に対してなんらかの含むところが絶対あるよな!。
キムチ!キムチ!キムチ!。

いえ、違います。誤解しないでください。
これは日本国ジャパニーズ!の朝日新聞社へのソンタクです!。
キムチ!キムチ!キムチ!気ムチいいっ~~~~!!。

映画そのものを楽しもうとせず、ただ赤と白が並んでるだけで、
クレームをつけるなんてヤボなマネはしたくないボクは、
本作を120%楽しむために、まずは原作となったアニメ本編を
勉強する事にしました!。エライ!。

でも、誰もが知ってる(と思われる)「ダンボ」に今さら、
大枚はたいてDVDを買うのもなぁ~・・・とためらっていましたら、
今は便利ね!。ヨーチョーボとかいう違法動画アップサイトに、
全編、丸々あるじゃない!。タダじゃない!うれしいじゃない!。

早速、見ました!。

・・・あ、違法動画アップサイトの動画を公の場で見ました!、
なんて言うもんじゃないな。観覧者の中にCIAメンバーが
紛れ込んでいる可能性もある・・・。

と、夜もおちおち眠れず、ブログ更新すらままならず、
ナイス!欄さえ無くして心配していましたが、
デズニーの初期作品って、すでに著作権切れてるらしいな!。
どおりで・・・100均の店で安っぽいデーブイデー、売ってると思たわ。

これで安心して、違法動画サイトにアップされてる、
違法ではない動画で見たと堂々と書ける。

誰もが見ている超有名作な「ダンボ」からでも、学ぶところは多い。

今回、ボクは赤ちゃんはコウノトリが運んでくるのだと知る。
てっきり赤ちゃんというのは、男女の卵子と精子が入り乱れて、
くんずほぐれずで・・・と間違った知識を覚えていたらしい。

ウチにはまだコウノトリは飛来していない。
まぁ、ツバメすら来ない貧乏家庭を選んで運んでくる、
罪作りなコウノトリもそうそういまいて・・・。

赤ちゃん作成に関する論議の途中ですが、閑話休題。

今回、せっかくの機会なので、より「ダンボ」を楽しもうと、
「4DXパオーン」(別料金1.200ジャミラ)で観賞。
もう、今までの映画はなんだったんだ?と思わせるほどの迫力。
臨場感が違うね。

耳元にゾウの鼻息がかかるんだよ!。
それがまたゾウしようもなく、生温かくてクッサイの!。ゾウ臭い!。

ダンボが空を飛ぶ直前、鳥の羽を使って、くしゃみをする勢いで、
飛び立つんだけど、それも再現されていたのに驚き。
係員のお姉ちゃんが中腰で近づいて来たな・・・と思ったら、
いきなり羽で客席のボクの鼻をコチョコチョ!。

劇場のあちこちでクシャミ連発!。
セリフが聞き取れないので、これはやめて欲しいと思ったね。

劇中で金持ちの実力者が、ゾウ皮の財布を見せびらかして
いたので、ははーん・・・これは伏線だな。
ラストは子象も母象も、ついでに団長も財布にされて、
バッドエンドだな・・・と予想して、うたたねしていたら、
全く違うラストを迎えたので驚いた。あの伏線はなんだったのか…?。

そうか!次回作への「引き」か!。
もう「ダンボ2」の準備に入っていたとは・・・。
さすがデズニー!ウハウハで笑いがとまらんやろ!?。
アフリカに足向けて寝んなよ!。





評価 ★★★★☆
nice!(31)