So-net無料ブログ作成

大和高田市今里町で火災が発生の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

4月18日午後3時頃、大和高田市今里町で、
火災が発生。
無題.jpg

最近、ちょこちょこと火事が多い。

近頃は出火のお詫びを書いた紙を電柱に貼ったり、
ご近所に言葉をかけに行ったりせんのな。

火ぃ出しておいて、ひと言も無いのも、どうかと思うわ。
放火なら仕方ないけどさ。
nice!(58) 

山形・中山町立長崎小学校の給食に金属クリップ!校名非公表だったのにNHKが報道の巻 [社会派]

山形県東村山郡中山町長崎1092の中山町立長崎小学校で
4月18日、給食のごはんに金属製のクリップが混入しているのが
見つかりました。
けがをした子どもはいないということです。

中山町の教育委員会によりますと、18日、町内の小学校に
提供された給食のごはんに、クリップ1個が入っているのを
5年生の児童が見つけました。

クリップは長さが3センチ、太さが1ミリほどの金属製で、
ねじ曲がった状態で見つかったということです。
児童は食べる前に気づいたため、けがはありませんでした。

学校では、18日の給食のごはんを食べないよう、
全校児童に指示したということです。

教育委員会は児童のプライバシーの保護などを理由に、
学校の名前を明らかにしていませんが、
給食の調理を業者に委託している県学校給食会によりますと、
町立長崎小学校だということです。

県学校給食会は18日、保健所とともに、業者に緊急の
立ち入り調査を行いましたが、調理の過程でクリップが混入した
可能性は低いとしています。

中山町教育委員会は、
「給食の中に異物が入らないよう、
業者や学校にチェックを徹底してもらい、
子どもたちに安全な給食を届けたい」と話しています。

                 引用元 NHK山形
schools_nagasaki_img.jpg

バラしてやるなよ。

児童のプライバシーの保護から学校名は公表しないと、
言っているのに、ペラペラしゃべる県学校給食会&NHK山形。

児童のプライバシーってことは、混入犯人は児童ということで。

しかし金属クリップならまだ許されない?口に入るとすぐわかるし。
ハナクチョとか、ツバを入れられるほうがよっぽど悪質。
絶対に人知れず食ってしまうもの。
nice!(34) 

福井県高浜町の美人すぎる白目ちゃん!児玉千明議員、当選確実の巻 [名物さんご紹介]

先日、出刃包丁片手に白目を剥いたことで、
一躍、「時の人」となり、グーグルでは「白目」と検索すれば、
この議員さんが結果に出て来るまでになった。

当、真・大和高田市ホームページでもイメージキャラクターとして、
(もちろん当人には無断で)ご活躍いただいている、
福井県高浜町の美人すぎる児玉千明議員。

町議員選挙がスタートし、
連日あちらこちらでがんばっておられる模様。
57203929_2007269426078205_2203375191294214144_n.jpg

いやぁ~、なんやかんや言うても、
なかなかカッチョイイ!。古い体制に新風を起こそうとする
「勢い」を感じる。

なにより、選挙を楽しんでいる感がすばらしい。

そして若いだけあり、炎上もさせてみるが、インターネット、
SNSを有効利用していらっしゃる。
当選は確実であろうが、今後もがんばって頂きたいものである。


と、いう訳で本日、わが大和高田市の期日前投票に行って来た。
日曜日は「仮面ライダージオウ」の放送があるため、
会場に行けないのだ。
だが、理由欄に「ジオウの放送」がなかったため、
「仕事」としておいた。

毎回出向いていた母親はついに会場に出向く事が
出来なくなったため、投票を辞退すると、とある議員さんに言うと、
「それはもったいない、代理投票ででも一票を!」と教えてくれる。

え?そんな方法があるの?。

と、色々検索してみるも、大和高田市ホームページには、
それらしい記載はない。唯一近いのは、障害者の郵便投票か…。

ふむふむ・・・事前に申請すると、
投票用紙と専用封筒がもらえるのか、で、それを投函する?。
詳細はホームページではよくわからん。
とりあえず、宣誓書などを片っ端からダウンロードし、
署名して市役所3階の会議室に持って行く。

結果としては投票は出来ないということでおしまい。

一応、障害者手帳を持っていても、その級に応じて
対応が変わる。基本的には会場に来てもらわないと、
投票は受け付けられない。

それに障害者の郵便投票受付は水曜日で締めきりました、との事。

そんな大事なことをなんで、細かく告知しておいてくれないのだろう。

車椅子で無理に連れて行って、会場でゴネるほどの勇気はなし。
そこまでして投票したい訳じゃない。
ワシだけでも投票をと思ったが、もういいか・・・と、とりあえず帰宅。

思うに投票率の向上を!とか叫んでるけれど、
あれって、すべて「健常者にむけてのみ」なのよな。

18歳から投票OK!とか、ショッピングモールでお手軽に!とか、
電子投票とか、ぜ~~~んぶ、健常者メインなんだな。

「厳正な選挙」はごもっともだけれど、障害者に対してはとても厳しい。
とにかく「会場に行き、自筆で投票できること」。
これが大前提。

皆さんも五体満足で動けるうちに、選挙行っとけよ。
トシとって、動けなくなったら、行きたくても行けなくなるぞ。


■障害者、会場に出向けない有権者に対しての対応は、
 各自治体において異なるようです。
 詳細はお住まいの各自治体にお問い合わせください。

 断られたら、いさぎよくあきらめよう!。
 別に投票せんでも死なへん!。
 カタワモンには投票権はないのだ!。
nice!(39)