So-net無料ブログ作成

神奈川・栗林華子さん(11)、小山智史さん(39)を殺害した通り魔・岩崎隆一(51)は自殺の巻 [社会派]

28日朝、川崎市の路上でスクールバスを待っていた
小学生や大人が男に次々と包丁で刺された事件で、
カリタス小学校6年生、栗林華子さん(11)と
外務省職員の小山智史さん(39)の2人が死亡し、
17人がけがをしました。また、

犯人の無職、岩崎隆一(51)(神奈川県川崎市麻生区)は
付近のバス停で身柄を確保されましたが、
自分で首を刺していて搬送先の病院で死亡しました。

              引用元 NHKニュース
53117aee835a60fbcfc670870570a6a0_1559039622_1.jpg

失うモノが無いと言うのは、本当に無敵である。

まったく見ず知らずの人間をここまで巻き込んで、あげくに自殺。

今、世論では「死ぬならひとりで死ね!」という意見が多数。
当然である。ひとりのキチガイのために、なんで今日、いきなり、
無関係の将来ある子供が死なないといけないのか。

「死ぬならひとりで死にやがれ!」。

これ、言ったらダメなんだって!。

類似の事件をこれ以上発生させないためにも、
困っていたり、辛いことがあれば、社会は手を差し伸べるし、
何かしらできることはあるというメッセージの必要性がある。

「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」
「死ぬなら迷惑かけずに死ね」というメッセージを受け取った
犯人と同様の想いを持つ人物は、
これらの言葉から何を受け取るだろうか。

やはり社会は何もしてくれないし、
自分を責め続けるだけなのだろう、
という想いを募らせるかもしれない。

そのためにも、社会はあなたを大事にしているし、
何かができるかもしれない。
社会はあなたの命を軽視していないし、
死んでほしいと思っている人間など1人もいない、
という強いメッセージを発していくべき。

人間は原則として、自分が大事にされていなければ、
他者を大事に思いやることはできないのである。



…聖者か!!。

殺られた方の気持ちなんか、これっぽっちも含まれてないがな。

キチガイをなんで甘やかそうとするのだろう。
死んでしまった者よりも生きているキチガイが大事か。
これから犯罪を犯そうとするキチガイが優先なのだろうか。

防止策を強化する、対応を検討するといくら周りが叫んでも、
キジルシの行動力は予想の斜め上を軽々と越えてくる。
予測不可能。

「人権」という名のもとに、
日本ほどキチガイを野放しにしている国はないらしい。

世界的に見ても、めずらしいとトランプ大統領もベックリだ。
53117aee835a60fbcfc670870570a6a0_1559039622_1.jpg


無題.jpg

岩崎隆一(51)自宅前に押し寄せるマスコミ。

D7pMX5vUIAARtJJ.jpg

残された家族には罪はないのに。
ここに来ても犯人はいないのに。
nice!(41) 

神奈川県川崎市登戸で通り魔!小学生ら19人以上が刃物で刺される!犯人は50代無職、精神病院脱走のキチガイ!?の巻 [社会派]

28日午前7時46分ごろ、川崎市登戸にある登戸第一公園で
「複数人が刺された」と通報があり、小学生を含む子ども8人と
大人7人の合わせて15人がけがをして手当てを受けていて、
捜査関係者によりますと、大人2人と小学生1人の合わせて
3人が心肺停止だということです。

警察は、刃物で刺したと見られる男の身柄を確保しました。

「けが人の多くが小学生と見られる」という報告も
上がっているということで、詳しい状況を調べています。

                引用元 NHKニュース
D7nCbIRUwAA_ocJ.jpg

令和になり、まだ一カ月も経たないというのに、
あまりにも血生臭い事件が多すぎる。

まだ速報段階なので、被害者の人数が確定しておらず、
現在19人、そのうちの大多数が小学生とも・・・。
犯人はその場で自分の首を刺し、意識不明とか。

キチガイが両手に刃物で向こうから飛び込んでくるのだ、
もう、これは避けようがない。対策もない。
これは我々のすぐ隣にある危険なのだ・・・。
nice!(43) 

シヤチハタ株式会社が世のどスケベを仕分けする!痴漢認定ハンコを開発・販売への巻 [社会派]

文具用品などを手がけるシヤチハタ(名古屋市)が、
痴漢対策用のハンコの発売を検討していることが分かった。

「SNSなどでのご意見をもとに、商品化に向けて
議論していく」と話す。

シヤチハタ公式ツイッターは2019年5月27日、痴漢被害を念頭に
「目指すべきはこの社会問題が根絶され、
"護身用グッズが必要ない世の中"になる事です」などと投稿した。

痴漢をめぐっては、被害に遭ったという女性が2019年5月中旬、
「無理に声出さなくていいんだよ。
次、痴漢が出たらそれで刺しな それなら持ち歩ける」などと
安全ピンで撃退するようアドバイスされたとツイッターに投稿し、
賛否を呼んでいた。

こうした議論を踏まえ、シヤチハタは痴漢対策グッズとして、
安全ピンに代わる「ハンコ」を提案した。
「最初にご提案できるのは従来のネーム印とほぼ変わりません。
そして今後段階的に形にできればと考えております」
と展望を明かし、最終的には前述した
「"護身用グッズが必要ない世の中"」を目指すという。

               引用元 J-CASTニュース
K3405390.jpg

言うたら悪いけど、これって男は触る者、女は全員被害者。
この前提でしか書かれていないよな。

男がどれだけ迫害されてると思っているのか。
「女性専用車両」とか「女性専用」ばっかりではないか。
間違えて乗ったら最後、責め倒されるのは男。

もし、男性専用車両に女性が乗って来ても、
イヤな顔をする男はいないと思われる。
男風呂に女子高生が入って来ても男は怒らない。
多分、喜ぶ。

男とはそれほど寛容な生きものなのだ。
それを・・・、
安全ピンで刺せ!。

もう、この発想が常軌を逸している。
満員電車でただ、当たっただけでも「刺される」可能性がある。

安全ピンで足りなきゃ、ナイフか?ナイフで足りなきゃ、日本刀か?。
車内で日本刀で斬りかかっても、「この人、痴漢ですから!」で、
済まされるのか。

そもそも、安全ピンで刺すって、傷害罪になる可能性ないの?。

男が怯えて両手を上に上げたり努力しながら、
電車に乗っているというのに、
今度は「痴漢認定ハンコ」作るよ~!。

シヤチハタ、
狂ったか!?。


どうでもいいけど、シャチハタって、シャチハタじゃないんだな。
チハタ。なんだな。

ーピーマヨネーズと一緒だな。
社員の人は皆、「シチハタの畑田です」。とか言ってるんだろうか?。
nice!(26) 

奈良県立橿原考古学研究所の菅谷文則所長(76)が退職、毎日新聞だけが…の巻 [社会派]

奈良県は5月27日、奈良県立橿原考古学研究所の
菅谷文則(すがや・ふみのり)所長(76)が31日付で
退職すると発表した。

後任の所長には地域振興部長の山下保典氏が6
月1日付で就任し、現職と兼務する。

菅谷氏は奈良県出身。
関西大大学院を修了し、昭和43年に県技師になり、
橿考研やシルクロード学研究センターに勤務。
その後、滋賀県立大教授を務め、
平成21年に橿考研の第5代所長に就任した。

橿考研時代は飛鳥京跡の発掘調査や山岳仏教の研究に
力を注いだほか、所長就任後は弥生時代の水田研究などを指導。
だが、昨年11月から体調を崩して入院するなどしており、
しばらく出勤していなかった。

           引用元 産経新聞奈良版(画像とも)
無題.jpg

奈良県の各テレビ局、新聞が去りゆく所長の功績を
讃えている中、ただ一紙、毎日新聞だけが、


勤務時間中に部下の車送迎を受けながら、通勤手当として
94.000円を不正に受け取った・・・
と報道。


昨年9月にこの報道がされ、所長は全額返還し問題は収束。
なのに、毎日新聞「だけが」、注意処分を受けたとしつこく報道。

・・・なんか恨みでもあるんやろうなぁ・・・。

「役得」とか、あってもエエんちゃうん?と個人的には思うのだが。
もっと巨悪を叩かないと・・・。
nice!(23)