So-net無料ブログ作成

佐賀県嬉野市役所が市民の窓口対応を拒否!村上大祐市長名義で通知を送る!の巻 [名物さんご紹介]

佐賀県嬉野市が市内に住む50代男性に対し、
村上大祐市長名で一部を除く市役所での窓口対応を
拒否する通知を出していたことが、弁護士などへの取材で判明した。

識者は「行政が窓口対応を断る通知を出すのは、異例で
通知に法的根拠は全くない。大人げない対応だ」と話している。

3月13日付の通知書で、市は男性に対して
「貴殿の市に対する質問、意見などは、回数、所要時間、
内容において、市の業務に著しい支障を与えてきた」と指摘。

そのうえで市への質問は文書に限り、回答は文書で行う。
住民票や戸籍、保険、年金の窓口交付以外の対応は文書の
受け取りだけに限る。
電話には一切対応しない。の3点を通知した。

農業を営んでいる男性は農地の関係で市に相談していたといい、
窓口対応の拒否に「市の対応は許せない」として法的処置を
検討している。

一方、市は「男性に数年間対応してきた中で職員に対する
暴言が複数回あり、職員を守るために決定した」と説明している。

行政法に詳しい本田博利・元愛媛大法文学部教授は
「行政機関として、窓口対応を断るのではなく、きちんと話を
聞いて納得してもらう努力をすべきだ」と指摘している。

                引用元 毎日新聞関西版
AS20180122002296_comm.jpg

  己の恥を知れ。

市役所に限らず「接客業」全般、
クレーマーというか「どキチガイ」は必ずいます。一定数おられます。

いわれなきクレームにより、対応した者は怒られます。
なんで自分が怒鳴られてるのか、理解できないけど、
とりあえず怒られます。接客業だから耐えておられます。

市役所にもう来るな!と言われるほどの行為をした50代の市民は、
自分の権利を主張する前に「恥ずかしい」と理解するのが先。

電話すらお断りされるって、よっぽどやろ?。

市役所の職員さんがどれほどの被害を受けているか、
その部分も取材して報道するべきである。
職員さんが受けるPTSD(心的外傷後ストレス障害)で
逆に訴えてやればいいのに!。

市の対応はまだまだ手ぬるい!。
こんなキチガイ、嬉野市から追い出せ!。

このエラソーにウンチクをたれている教授は、自分が窓口対応に
立てばいいと思います。で、クレーム対応してみたらいいと思います。
nice!(47) 

の巻 [社会派]


nice!(26) 

福岡・3人の子供にペット用スタンガンでリモコン電流虐待していた後藤孝宏(45)を逮捕の巻 [社会派]

子ども3人にスタンガンを使って暴行し、けがを負わせたとして、
福岡県警は5月29日、北九州市小倉南区の無職、
後藤孝宏(45)を暴行と傷害の疑いで逮捕し、発表した。
「しつけのためだった」と話し、容疑を認めているという。

後藤孝宏(45)は2月26~28日、自宅で長女(当時17)と
次女(同13)と長男(同11)の腕や手にスタンガンで電流を流し、
長男の手の甲にやけどを負わせた疑いがある。

スタンガンは遠隔操作できるもので、長女や次女には
自分で腕に押しつけさせて、後藤孝宏(45)がスイッチを作動させ
楽しんでいた。

後藤孝宏(45)は約10年前に今の30代の妻と結婚。
長女と次女は養子で、長男は実子という。

後藤孝宏(45)はこのような虐待を
10年以上に渡り続けていたとみられる。

スタンガンは首輪の形状で、箱には犬の写真とともに
「Training Collar」と書かれており、犬の調教用とみられる。

               引用元 朝日新聞全国版
AS20190529001157_comm.jpg

こんな便利な必殺武器が
あるとは初めて知った!。


so-netブログには犬好き、猫好き、女好きの皆さんが
揃ってらっしゃいますが、皆様方的にはどうなの?。
例え、ペット用とはいえ、首に電流流して言うこときかせるというのは。

そこまでして、従わせる、征服させたいのかしら?。
「しつけ」の名のもとなら、このような道具が売られている事には、
誰も声をあげないのかしら?。今日もどこかで罪もなき動物が、
人間のご都合で電流バリバリやられてるのに。

で、これを自分の子供に10年前から使用していた父親が逮捕。
リモコン操作で、言う事きかんかったり気にいらないと、
バリバリやってたんやろな。恐怖を与えて支配しておったのだ。

普通に殴ったり、蹴られたりするほうがマシちゃうか。
リモコン操作でいきなり電流流されるんやで。
朝でも寝過したら電流やで?。
子供たちの長年の恐怖を考慮したら、
父親は裁判なしで死刑確定。これでいいんじゃない?。
nice!(22) 

奈良市立富雄北小学校、校長室の金庫から修学旅行費38万円盗難の巻 [市内の事件簿、犯人はあなただ!]

5月8日、奈良市立富雄北小学校で、校長室の金庫に保管していた
現金がなくなっているのに教員が気づきました。

学校側が確認したところ、なくなったのは、
▼今月23日からの修学旅行を前に、児童110人から預かった
1人3000円の小遣い合わせて33万円と、
▼大学生の教育実習などに使う予定だった5万円の合わせて
38万円で、ほかの書類などは残っていました。

金庫は施錠されていましたが、鍵は職員室にある
鍵のかからない棚で保管していたということです。

学校は、盗まれた疑いがあるとして警察に相談し、
翌日、被害届を提出しましたが、児童や保護者には伝えず、
修学旅行の小遣いは一部の教員が立て替えたということです。

富雄北小学校の後藤誠司校長は、
「子どもたちが楽しみにしていた修学旅行の小遣いが盗まれ、
申し訳なく思っています。
今後、現金の管理を徹底します」と話しています。

           引用元 NHK奈良
           画像引用元 奈良テレビニュース
無題.jpg

エライ迷惑やな。

金庫に鍵はかけていたが、その鍵は誰でも手に出来る場所に。

鍵の意味があらへん。

・・・富雄北小学校に関係する誰かが・・・38万円を・・・。

しかし、この場合、犯罪者ばかりが悪いのだろうか。
目の前に38万円が落ちていて、誰も見ていない、カメラもない、
誰でも拾うし、持ち帰るやろ?。

犯罪者を生みだしてしまった状況を作り出した、
富雄北小学校の校長室が悪い。もっと言えば、校長室の主が悪い。
あ、校長が悪いのか。

きっと教職員は思ってる。
なんでワシらが校長の尻ぬぐいせんとイカンねん。
損失分、自分で腹切れよ、そのための校長やろが・・・と。
無題.jpg

巻き添えで謝罪させられる方々・・・。
nice!(23)