So-net無料ブログ作成

北海道・オシャマンベ歯医者 近藤弘之(60)先生、20代女性患者の口にチンチンをねじ込み逮捕の巻 [社会派]

勤務していた歯科医院で治療と偽って20代女性患者の
口を悪用しいかがわしい行為をしたとして、
北海道長万部町の60歳の歯科医師の男が再逮捕されました。

準強制性交等の疑いで再逮捕されたのは、
北海道長万部町の歯科医師、近藤弘之(60)です。

近藤弘之(60)は2019年2月25日、午後1時ごろ、
当時勤めていた石狩市内の歯科医院で、
顎関節症の治療と偽って患者の20代の女性の口を悪用し、
自らの陰茎を口にねじこむなど、いかがわしい行為を
した疑いが持たれています。

近藤弘之(60)は「好みのタイプの患者が来たので、
ついムラムラしたのでやりました」と容疑を認めています。

女性は当時布のようなものを顔に載せられていて、
近藤弘之(60)の犯行に気付かなかったということです。

近藤弘之(60)はこの犯行の1時間前、治療と称して
別の20代の女性患者の胸を触り、カメラで服の中を
撮影したとして逮捕・起訴されていて、
余罪を追及したところ今回の件を自白しました。

近藤弘之(60)は最初の逮捕後、3月に解雇されましたが、
再び、長万部町内の歯科医院で働いていました。

             引用元 北海道文化放送
無題.jpg

歯医者がなぜか胸のマッサージサービス!!。

しかもカメラで記念撮影つき!。

しかし、歯医者の世界ってスゴイな。
1回や2回の逮捕では業界も動じないな。
すぐに職場復帰出来るんやな!。

これ、表沙汰になってない余罪、いっぱいあるで、きっと。
泣き寝入りした患者がほとんどで、
「おっ、患者のほうも喜んでるがな?!」と、エスカレートして
いったんやろな・・・。歯医者怖るべし・・・。

nice!(55) 

山形・眼科女医・矢口智恵美さんを殺害した山形大学4年生・加藤紘貴(23)を執念の逮捕の巻 [社会派]

山形県東根市さくらんぼ駅前3丁目の
サンライズマンションビル2階の自室で、
矢口眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)が
殺害された事件で、警察は、山形大学の人文社会科学部
4年生、加藤紘貴(23)(山形県山形市東原町)を逮捕した。

矢口智恵美さん(50)の頭を何度も激しく殴られ、
骨は陥没していて、警察は強い殺意があったとみて、
付近の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査してきました。

                引用元 NHKニュース
katoyogisya.jpg

  殺人マニア。

金品を奪わずにただ殺しただけ。
身内がひと目見ても肉親と判別できないほどに頭部を破壊。

防犯カメラにその行動がリアルタイムで記録されているが、
あちらこちらの部屋のドアノブあたりを探り、
施錠されていない部屋を探していたようだ。

室内に約20分滞在後、慌てるでもなく悠々と徒歩でマンションを
後にして、電車で帰宅していた。
犯行後も変わらず、大学のゼミに出席していたという。

防犯カメラの映像をもとに、警察官が駅周辺に何日も朝から
張り込んで、執念で逮捕にこぎつけたという。
どれだけ時代が進んでも最後は「人間のチカラ」やな。
素直に評価されてよい案件。

山形県の人って、「いいひと」が多いんやな!。
今、テレビでもやってたけど、田舎に行けば行くほど、
施錠率が低くなるらしい。

都会、田舎、昼間、夜間関係なく
玄関はカギをかけておかないとダメだ。

自動車の運転中も助手席はカギをかけておけよ。
知り合いが信号待ちしてたら、いきなりドアを開けようと
ガチャガチャやられてビビリまくっていた。

時代はもう、昭和ではない。令和である。
日本はもう、日本人だけの国ではないのだ。

nice!(28)