So-net無料ブログ作成

東京・銀座ヤマハ音楽教室にJASRACが2年間スパイを潜入捜査に送り込む!の巻 [社会派]

音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている
日本音楽著作権協会(JASRAC)が、
職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、
潜入調査していたことが分かった。

9日には、両者の間で続く訴訟にこの職員が
証人として出廷する予定だ。

潜入調査についてJASRAC広報部は
「演奏権は形に残らず侵害されやすい権利。
調査は利用の実態を把握し、立証するために必要だ」と
説明している。

訴訟では、教室で講師や生徒の演奏が、
著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」に
当たるかどうかが争われている。

JASRAC側が東京地裁へ提出した陳述書によると、
職員は2017年5月に
東京・銀座の「ヤマハ大人の音楽教室」を見学。
その後、入会の手続きを取った。

職業は「主婦」と伝え、翌月から19年2月まで、
バイオリンの上級者向けコースで
月に数回のレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加した。

陳述書によると、レッスンでは講師の模範演奏と生徒の
演奏が交互に行われた。JASRACが著作権を管理する
「美女と野獣」を講師が演奏した際は、ヤマハが用意した
伴奏とともに弾いたため、「とても豪華に聞こえ、
まるで演奏会の会場にいるような雰囲気を体感しました」と
主張している。

また「生徒は全身を耳にして講師の説明や
模範演奏を聞いています」と記している。

           引用元 朝日新聞全国版(画像とも)
AS20190707002354_commL.jpg

JASRACなら、こーゆー事が許されるのね。

この「主婦」を名乗って潜入していた女も、
2年間に渡り、先生生徒の間柄を築きあげておいて、
罪悪感とかなかったんやろか。

で、まだ裁判に証人として出廷するって。
仕事だからと割り切れる人はスゴイな。

でも・・・。
人としてどうなんだ?。

スパイとしては優秀ではあるが、人としては信用できない。

で、こーやって教室の先生を騙したうえに押さえた証拠は、
有効なのか?それなら騙したモン勝ちやな。
みんなもドンドンやろうぜ!。
nice!(46) 

東京・JR浅草橋駅の工事現場でもたれたフェンスごと転落し、柴岡秀幸さん(52)死亡の巻 [社会派]

警視庁蔵前署は7月8日、東京都台東区の
JR浅草橋駅高架下の工事現場で、通行人が
深さ約1メートルの穴に転落し、死亡したと発表した。

蔵前署幹部によると、死亡したのは職業不詳、
柴岡秀幸さん(52)(東京都日野市)。

7日午後8時半頃、歩道脇のプラスチック製フェンス
(高さ約1・2メートル)にもたれるようにしたところ、
倒れたフェンスごと穴に転落した。

蔵前署は死因を調べるとともに、業務上過失致死容疑を視野に、
工事業者からフェンスの設置状況などについて聞いている。

                  引用元 読売新聞

・・・こんな人生の最期があっていいものか?。
まるでドリフのコント・・・。
hqdefault.jpg

ダメだこりゃ。
nice!(24) 

東京・木津屋冷蔵庫から娘の遺体・父親、木津英喜(43)と木津いぶきさん(18)の危険な関係…の巻 [社会派]

7月7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の
和菓子店・木津屋の冷蔵庫から、近くに住む大学1年生の
木津いぶきさん(18)の遺体が見つかり、店の経営者で
父親の木津英喜(43)がさいたま市内の河川敷で首をつって
死亡しているのが発見された事件で、
和菓子店の近隣住民は一様に驚いた表情を見せた。

和菓子店・木津屋は約15年ほど前に開業。
木津さん一家は徒歩約10分ほどのマンションで、
両親、中学生の弟と4人暮らしだったという。

               引用元 日刊スポーツ
IMG_4952.jpg

不可解すぎるこの事件の謎を解くためには、
現場に出向くのが一番であると、特派員を派遣した。
もちろん、私も自転車で行ける距離だったので同行。

現場には被害者の残留思念が残されている。
それを感じ取り、もの言えぬ被害者の無念を晴らすのが私の役目だ。

IMG_4953.jpg

今回、加害者であると推測される、木津英喜(43)が
店頭に書き記し貼り残していたもの。

その後、店内からは父親が書いたと思われる、
遺書のような書き置きが発見されている。

「2人で死のうと思う」などと書かれていた。

・・・2人で揃って死ななければならない状況であった。


IMG_4951.jpg

現場は昨日の時点でもマスコミが多く滞在し、
騒然としている。通る人間、通る人間にインタビューし、
なにか新しい証言を引き出そうとしている。

IMG_4956.jpg

ウロウロしていると私も捕まってしまった。

IMG_4962.jpg

仕方なく、マスコミのご期待に応えるべく、
適当に答えておいた。大和高田市民なのだが・・・。


さて、本題を事件に戻そう。

あくまでも、これは推測であると前置きしたうえで記そう。
ご理解の上でお読みいただきたい。

■娘、息子は母親の連れ子であった。

■父親の木津英喜(43)は、娘の木津いぶきさん(18)に対して、
 小学生時代から日常的に虐待の疑いがあった。
 同級生が証言している。

■父親がまだ物ごころつかぬ、いぶきさんを暴力で支配する。

■義理の関係である、父親と娘の距離が第三者から見ても、
 異常に近かった。
 大学生になった娘が父親と手をつないだり、
 腕を組んで2人で外出したりするものだろうか・・・。

■父親は自殺する直前に、自分と娘の携帯、スマホを
 どこかへ処分している疑いがある。
 見られては困る何かが、そこには残されていた。

それらを総合すると・・・、
答えはひとつである。


IMG_4960.jpg


文字では書かないが、表沙汰にならないだけで、
連れ子の娘を義理の父親が・・・というのは割によく聞く。
というか、最初から娘目当てでシンママに近づく男もいるという。

この事件、テレビではこれ以上追求しての
続報はあまり流されない気がする。
父親、娘ともに死亡しており、
続報は遺族にとって非常に厳しいものになると思われるからだ。

週刊誌は・・・書くやろな。絶好のメシのタネやからね。

IMG_4954.jpg

現場では大声で「親が娘を殺すなんて、アリエナイザー!!」
などと何度も繰り返しているキチガイの男も発生していた。

皆、一様に「見なかったことにして」非対応だったが、
事件予備軍だと思われるので早めに駆除しておいたほうが
良いと思われるが、警察も見て見ぬフリだった・・・。
nice!(22)